HirotoshiAndo

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実のHirotoshiAndoのネタバレレビュー・内容・結末

4.2

このレビューはネタバレを含みます

興味本意でぶらっと見たが、
とても熱量のある映画だった。
三島由紀夫の優しさと信念、そして愛が映像から伝わってきた。
三島由紀夫は信念を持ち、それを言葉にし行動を起こした。
誰にでもできるようで、出来ない
有言実行と言う真剣を帯刀して
生きていたことが分かった。
三島由紀夫と東大全共闘も対立から見えてくる、国への愛と憂いは
現代こそ必要なことではないかと思う。