三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実の作品情報・感想・評価

上映館(2館)

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実2020年製作の映画)

上映日:2020年03月20日

製作国:

上映時間:108分

あらすじ

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」に投稿された感想・評価

Kaori

Kaoriの感想・評価

-
右も左も 
昔と今では 違うものになってるなと。

話を折らず聴き、
認めるところは認め
でも自分の信念は曲げない。

難しかったけど 面白かった
紀子

紀子の感想・評価

3.8
三島の作品は好きでいくつも読んだけれど、晩年の政治的偏向がどうしても理解できないままでいる。
この討論会が行われたことは知っていたけれど、映像で観るのははじめてだったので、まずその場の空気のなごやかさに驚いた。
さらに、芥正彦という、左翼前衛演劇で活躍したらしい人物が、赤ちゃんを抱っこしたまま三島と討論している姿にかなり面食らった。
あの場に赤ちゃんがいたなんて!しかもおとなしく抱っこされている!(途中で泣いて連れていかれていたけど。)
芥氏も途中で退出していた。あくまで「日本」と「天皇」にこだわる三島に対し、世界革命を夢見るコミュニストである芥氏は国籍というものを否定しているから、わかりあえないのも無理はないのかな、というように感じだけれど、彼らの議論は抽象性が高すぎて追いついていけなかったので、
この辺はちゃんと研究書を読まないとなんともいえない。
とりあえず、三島が終始紳士的な物腰と話し方で、ユーモアたっぷりに話す姿は感動的だったし、革命闘士たちのその後のインタビューも興味深かった。 
ただ、音楽とか編集が、絶妙にダサく感じた。
頭の良さだけではないというか、知や熱や言葉はこうやって本来使うべきものなのだろうと
酷く思い知らされた。

三島由紀夫のように思想が違う人の本質を見抜き、理解し、聞き入れ、咀嚼し相手にわかるように話す、それも嫌味なくユーモラスに

圧倒的すぎて 痺れました。
あんな風に人と話すことが出来たのならば
随分と楽しいだろうなと...

言葉が言葉の意味を持ち、機能した最後の時代だったのだなと思った。

また東大全共闘の現在生存してらっしゃる方が
敗北ではない、生存し自分の言葉で喋っている限りそうではないと言っていたのがすごくよかった

個人的に 芥と三島がタバコを吸っているシーンえらくかっこよいです。
ぱるむ

ぱるむの感想・評価

4.8
考え方とか、信じるものは置いておいて、
意見の違う相手でもきちんと人の話を最後まで聞けて、認められて、誠実で。
勝手なイメージと違くて、なんだか人としてかっこいいと思った。

ちゃんと敬意とリスペクトがあって、
頭の良いの次元が違った。
頭の回転が良すぎて、普段の自分達の会話は何なんだと絶望する。

感情に真っ直ぐで、どっちも知ってる感情があって、苦しかったり。
天才の人間らしい面にきゅんとしてしまった。

自分の心の底から憧れたものが、
そうでは無くなってしまった時。
辛いよなあ、

いちいち説明も入れてくれて、分かりやすくて。
この時代をもっと知りたかった私にはだいぶありがたかった。
あの熱量、本当にもう、最後の時代なの
今の日本には無いよね。この時代を見たらどう思うのだろうか。
もちこ

もちこの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

言葉の有効性
社会を変えていくのは言葉
言葉が力があった最後の時代


カメラマンが上手から下手に移動し、カメラを構えた瞬間、カメラの方に身体と顔を開く三島由紀夫。
三島由紀夫との討論の際のヤジを片手をあげて止める芥正彦。
そんな2人がたばこを咥え、芥が三島に火を貸すところが堪らなくかっこいい。
芥さん尖ってるなあ、芥って苗字いいな。全共闘のバランス感に感心した。頭良いって想像以上にすごいな。かっこいいなあ、かっこいいなあ。言葉が力を持つ時代をまた訪れさせるべきだ、時代が持つ視覚的な力ってすごい。
昔の音声はボワボワしていて、私は聞き取りづらかった

三島由紀夫さんは熱量と敬意とユーモアのある素敵な人だった
あと「自分の魅せ方」をよく分かっているところも最高だし大好きです

東大全共闘の若い人たちも己の芯や思想を持って生きているので美しい

なぜ人々は信念や思想を捨ててしまったのか

---

全く関係ないが、合コンで繰り広げられるカスみたいな気持ち悪い会話を対比として思い出してしまった。

何という名前の企業で働いているか、
年収がいくらぐらいだとか、
大学はどこ出身だとか、
どこに留学したことがあるとか、

己の芯も信念も思想もない人間が、ブランド名やママの顔色の為に生きてきた結果に、誰が興味あるというのか

「教育」がそうしてしまったのか?
すごい熱量。
言葉を武器にした戦争。

ただ、そこには礼儀やリスペクトが存在していて、人の前に立つ存在達はどこかで自分と相手に同じ何かを感じたりもするのだろう。
違いをぶつけつつも、認めるべきところはしっかりと伝えるのってかっこいいです。

時代もあるけれど、今見るべき価値のある内容と感じました。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

言葉の有効性
日本史や文学の教科書で知る三島でない三島を知る
それは言葉なのだけれど、話し言葉と書き言葉でもかなりの違いがあって
話し言葉、つまり他者がそこに見える言葉がこの映画の力の本質と思った
他者、主体性を持っていると認める相手
他者、自分が思い通りにしたいと施策する相手、対立を成立させる相手

会話、敬意の表示合い
他者、主体性を持っていると認める相手
解放区

米国からみたらドライヤーがない文化なのだけど、日本は髪をそのままにしておく文化が「ある」
自己同一性
akane

akaneの感想・評価

4.8

面白かった。
三島由紀夫作品も学生運動も
全然知らない状態で見て
分かんない言葉だらけだったけど
全く飽きなくて、むしろすごい
興味がもてるドキュメンタリーだった。

まず三島由紀夫かっこいい!
めちゃくちゃユーモアがある人なんだな
討論中にも人柄が見え隠れしてて
人としても人気な理由がわかる

こんな危ない討論は今では、
中々ない光景というか
出でくる東大全共闘の人たちも熱量が
凄いしそれだけ社会に思うことが
あって、行動力が今とは違うなって
三島由紀夫は今の日本を見てどう思うんかなぁ

後、おじいさんになってインタビューに
答える人たちの目がいきいきしとる
というか、生き方が目で分かる感じ😭

三島作品もだし右翼とか左翼とか
そういうのもっと知ろーーー🙄

そんでナレーター、坂口健太郎さんかと
思ったら東出さんだった!笑
>|