三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実の作品情報・感想・評価

上映館(2館)

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実2020年製作の映画)

上映日:2020年03月20日

製作国:

上映時間:108分

あらすじ

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

興味本意でぶらっと見たが、
とても熱量のある映画だった。
三島由紀夫の優しさと信念、そして愛が映像から伝わってきた。
三島由紀夫は信念を持ち、それを言葉にし行動を起こした。
誰にでもできるようで、出来ない
有言実行と言う真剣を帯刀して
生きていたことが分かった。
三島由紀夫と東大全共闘も対立から見えてくる、国への愛と憂いは
現代こそ必要なことではないかと思う。
浅漬

浅漬の感想・評価

-
人間的にとても魅力的な方々の、言葉たちが飛び交った
もっと知りたいことがたくさんある、

あなたの熱情は信じます。
あの熱狂を仮想体験
三島由紀夫VRとも言える作品

とりあえず資料映像や音声としては貴重なので勉強の意味で見たほうが良い
これは!!!!
観終わったそばから
もう一度観たくなってしまった

いつだったかテレビで
討論会のほんの一部を流していて
その時も釘付けになってしまったから
すっごくすっごく観たかった

今年の春先からいくつかの映画館でやっていたけれど、なんとなく自粛ムードで行きそびれてしまい

下高井戸シネマでやると知ったときに
思わずガッツポーズ!
これは絶対にいかねば!と

仕事その他でバタバタな期間ではあったけれど、どうしても行きたくてゴーインに観に行った

行ってよかった!
やばい!!面白かった!凄かったー!

あの熱い時代に憧れを持っているわたくし
途中から何故だか涙があふれました

その言葉たちのもつ美しさと潔さと優しさ
言葉を交わすことで交わるこころ
意見が違うことで戦っているというよりも
お互いの信念を確かめ合うような討論

あれが言葉
というものであるならば
今使っている

いま生き残っている人たちにいまだ残っている熱さにも

戦争で国と個人が一体化していた時代に多感な10代だった若者が
戦争が終わった日本の変わりように疑問を持ったこと
自身の中にたくさんの思いがうずまいていたこと

戦争を知らないわたしに
本当の意味で当時の思いを想像できているかどうかはわからないけれど

それでも
そこに触れたような気がして
心が高揚してくる

見終わったばかりだけど
すでにもう一度観たい!!
さかい

さかいの感想・評価

3.5
もっと非国民!ナンセンス!とかいう醜いレスバトルか、あるいは著名な三島先生が頭デッカチの学士たちをバッサバッサ論破していく話なのかと想像してたが
どちらも一歩も退かず、語気は鋭くともあくまで冷静、そして和やかにさえ見える。
自分と同レベルでものを話せる人が世のなか少ないから楽しかったのかも知れない。

ヤジを飛ばした学生が出てこいと指さされたら、言われた通り壇上に出てきて、三島にも学生代表らにもよどみなく堂々意見を述べる。さすが東大。

だがなにか禅問答のように大きくふわっとした話題ばかりで、(あの時期の)日本政府や日本国や日本人はどうすればいいのか、べきなのか
という具体的な話はしてない気がした
いや実は話してたのかもしれないが、三島や全共闘のお考えが理解できたときには自分も日常には戻れないかもしれない…

しかしなぜ三島先生のような極右とそのシンパの私兵らが自衛隊のような公の組織に体験入隊だのネンゴロしてるのか?つまみ出せよ。
日本会議か?内閣も自衛隊のお偉いもみんな日本会議なのか!?
nakajiee

nakajieeの感想・評価

4.4
貴重な昭和の歴史を記録したドキュメンタリーを見た。全共闘に対峙する三島の姿勢に大いに感銘を受けた。決して感情的になることもなく、ユーモアまで交えながら真摯に闘うそのスタンスは相手に対するリスペクトも垣間見え正直カッコいい。今この時代をどう評するのかぜひ見てみたいと思った。
めっちゃくちゃ面白かった、心ふるえた

ボロボロな街に騒ぐ若者、箱詰め900番教室で好きなように吸われる煙草、一見総じて不快
なのに最後まで話を聞くし頷くしマイクを譲る
これだけで一気に価値あるものに思えてしまった


ずっと田中圭だと思ってたナレーションが東出で最後の最後に激萎え
紀子

紀子の感想・評価

3.8
三島の作品は好きでいくつも読んだけれど、晩年の政治的偏向がどうしても理解できないままでいる。
この討論会が行われたことは知っていたけれど、映像で観るのははじめてだったので、まずその場の空気のなごやかさに驚いた。
さらに、芥正彦という、左翼前衛演劇で活躍したらしい人物が、赤ちゃんを抱っこしたまま三島と討論している姿にかなり面食らった。
あの場に赤ちゃんがいたなんて!しかもおとなしく抱っこされている!(途中で泣いて連れていかれていたけど。)
芥氏も途中で退出していた。あくまで「日本」と「天皇」にこだわる三島に対し、世界革命を夢見るコミュニストである芥氏は国籍というものを否定しているから、わかりあえないのも無理はないのかな、というように感じだけれど、彼らの議論は抽象性が高すぎて追いついていけなかったので、
この辺はちゃんと研究書を読まないとなんともいえない。
とりあえず、三島が終始紳士的な物腰と話し方で、ユーモアたっぷりに話す姿は感動的だったし、革命闘士たちのその後のインタビューも興味深かった。 
ただ、音楽とか編集が、絶妙にダサく感じた。
頭の良さだけではないというか、知や熱や言葉はこうやって本来使うべきものなのだろうと
酷く思い知らされた。

三島由紀夫のように思想が違う人の本質を見抜き、理解し、聞き入れ、咀嚼し相手にわかるように話す、それも嫌味なくユーモラスに

圧倒的すぎて 痺れました。
あんな風に人と話すことが出来たのならば
随分と楽しいだろうなと...

言葉が言葉の意味を持ち、機能した最後の時代だったのだなと思った。

また東大全共闘の現在生存してらっしゃる方が
敗北ではない、生存し自分の言葉で喋っている限りそうではないと言っていたのがすごくよかった

個人的に 芥と三島がタバコを吸っているシーンえらくかっこよいです。
ぱるむ

ぱるむの感想・評価

4.8
考え方とか、信じるものは置いておいて、
意見の違う相手でもきちんと人の話を最後まで聞けて、認められて、誠実で。
勝手なイメージと違くて、なんだか人としてかっこいいと思った。

ちゃんと敬意とリスペクトがあって、
頭の良いの次元が違った。
頭の回転が良すぎて、普段の自分達の会話は何なんだと絶望する。

感情に真っ直ぐで、どっちも知ってる感情があって、苦しかったり。
天才の人間らしい面にきゅんとしてしまった。

自分の心の底から憧れたものが、
そうでは無くなってしまった時。
辛いよなあ、

いちいち説明も入れてくれて、分かりやすくて。
この時代をもっと知りたかった私にはだいぶありがたかった。
あの熱量、本当にもう、最後の時代なの
今の日本には無いよね。この時代を見たらどう思うのだろうか。
>|