くう

わたしはダフネのくうのレビュー・感想・評価

わたしはダフネ(2019年製作の映画)
3.7
オンライン試写。

ダウン症の娘を遺して妻が逝ってしまい、絶望する父……けれど娘は快活で両親の良い所を譲り受け、自分を引っ張る存在になっている。

親が思っているより、子どもはずっと強い。実は守られているのは自分なんだよな…と、どこにでも在る親子の姿に考えさせられる。

ダフネが本当に可愛くて、職場や出会う人々みんなに愛される姿が微笑ましい。賢く強く、助けられるよりもむしろ助けて生きている。

お母さんはほとんど出てこないが、ダフネを見ているとどれだけ素晴らしい生き方をされていたのかよく分かる。まさに子は親を映す鏡。

偏見なくフラットに物を見ることの大切さについても考えさせられる。

「保守」「偏見」の中で苦しんでいるのが周りの他人ではなく父親だという設定が興味深い。