pherim

燕 Yanのpherimのレビュー・感想・評価

燕 Yan(2020年製作の映画)
3.4
渡り鳥の名をもつ青年ツバメが、母に見捨てられた幼少期の傷を抱え、母の故郷台湾へと旅立つ。母役・一青窈の演技がひたすらに切なく、光の使い分けにより回想場面や台湾の夜市など各々に醸す情緒の深さが印象的。渋味の効いた周辺人物の配置も良い。カメラマン今村圭佑の監督長編第1作。

撮影監督としての今村圭佑代表作の一つ、米津玄師“Lemon”MVをめぐる連ツイ↓
https://twitter.com/pherim/status/1245952000400846848