kyoko

フィードバックのkyokoのレビュー・感想・評価

フィードバック(2019年製作の映画)
3.2
歯に衣着せぬトークで敵も多そうなラジオパーソナリティ、ジャービス・ドラン。
ある日彼のラジオ番組「残酷な現実」が不気味なマスク男二人組によって乗っ取られた。

2011年11月ベルファストで起こったことを話せ。

男たちの要求に対して、ジャービスの番組パートナー・アンドリューがなにやらキナ臭い話を始めた。あら?割とすんなり事が明らかになるのかしらと思いきや、イレギュラーな事態が発生してなかなか先に進まない。犯人たちは真相にたどりつけないことにイライラ、私はヒステリックに「Do it!」とギャーギャー叫ぶばかりのあいつにイライラ。
人にやらせといてうるさいんじゃ!だったらおまえがやれや!と私ならブチ切れる。

政治イデオロギーも拉致事件も特に伏線というわけではなかったし、私が絶対こいつもジャック犯の一味、と予想してた人も特に関係はないらしい。
後味の悪さにもキレがなくて、なんだかモサッとした感じに終わってしまった。

冒頭のスパニッシュイケメンのドラムがいちばんキレキレだったな。