パピチャ 未来へのランウェイの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「パピチャ 未来へのランウェイ」に投稿された感想・評価

sonozy

sonozyの感想・評価

3.5
アルジェリア出身の女性監督ムニア・メドゥールが、自身の体験をベースに、1991年に始まったアルジェリア内戦時代(暗黒の10年)を舞台に、当時横行していた女性弾圧の実態を、ファッションデザイナーを夢見る大学生ネジュマ(リナ・クードリ)の視点で描いた作品。
セザール賞: 新人監督賞・有望若手女優賞

ファッションデザイナーを目指す大学生ネジュマ(リナ・クードリ)は、管理人の男に口止め料を渡して夜に親友と大学寮を抜け出してはクラブで踊ったり、自作のドレスを学生たちに販売したり、抑圧を打破するように活動している。

ある日、家族に起こった悲劇を機に、ハイクと呼ばれる5m四方の白い布だけを使ったファッションショーを大学寮内で開催することを決め、親友たちと準備を始める。

だが、首都アルジェでは、武装したイスラム過激派勢力の台頭によりテロが頻発し、ネジュマの周囲でも“女の正しい服装(黒いヒジャブで目以外を隠す)”を強制しようとする動きや、外国語教育を弾圧するなど横暴が加速。

裕福なボーイフレンドは、この国にいたらいつか殺される。結婚して国外脱出をしようと誘うが、祖国を愛するネジュマは「私はここを離れない」と強い意志で反発する。

ファッションショーは実施できるのか?・・

原題「PAPICHA」は、アルジェリアのスラングで“愉快で魅力的で常識にとらわれない自由な女性”=まさにネジュマはこの資質を持っている女性ですが、不条理な抑圧と闘い続ける彼女の怒りのエネルギーに心揺さぶられます。

世界経済フォーラム発表のジェンダーギャップ指数2020で、アルジェリアは153カ国中の132位と、この映画のような性差の抑圧状況がどこまで変化しているのか気になります。
(同性婚の議論が未だにあんな次元のここ日本も121位なので、他人事ではありませんが。。)
kazmi

kazmiの感想・評価

4.5
不寛容と死がそこにある日常。閉塞感と恐怖。
でもそこで自分らしくガムシャラに生きてる女の子カッコいい。
殺伐とした中でお母さんの優しさがあったかい。
そして、新しい命を宿すのは女なのだ!なんて言いたくなるラストシーン…

誰もが安全や自由を享受できる日はまだ遠いのかな
Nishioka

Nishiokaの感想・評価

4.5
主人公のブレない考え方は、時にとても危険で死と隣り合わせだけど、それでも迷いながら自分がやりたい事を貫く姿は、ただただかっこよかった。こういう情熱が無くなってしまったら、何も変えられない。

信仰は、政治、権力、支配するためにあるのではなく、弱い人を守るためにあるはずなのに、それがいつからか都合よく解釈され、弱い人を傷つけるものになってしまった。おかしな話だけど、目に見えない、科学では解決できないことだけに、難しいなぁ。
YURINA

YURINAの感想・評価

-
これを観て、さらに自由は規制されるものであってはならないと思ったんだよな
宗教って難しいけど、目を背け続けちゃいけないと思う
Yuri

Yuriの感想・評価

1.1
全然詳しくないのですが、本作を観ていて内戦地域とかは宗教の縛りが緩くなったりきつくなったりを繰り返していて、緩い時はネジュマのように世界中の普通の女の子と変わらずお洒落やデートを楽しめるのかなと感じました。でも、一度結婚してしまうと厳しい戒律の中に治められ身動きとれなくなっちゃうイメージ。あと、やはり女の敵は女な部分が大きくてその国の女性が全員ひとつになれば変えられないことなど殆どないはずで、でも男性により女性同士が対立するような構図が常に作られている。それに気づいていない女性も多い気がします。映画としてはネジュマのファッションへの本気度も、やっていることは中学生のファッションショーくらいのことなのでわからないし(抵抗の本気度はわかる)、物語として引き込むような面白さや展開もない意外性ゼロ過ぎるくらい。でも、「王様の耳はロバの耳!!」と叫ばなければ心が壊れそうになっているネジュマの気持ちはよくわかりました。この地域に暮らす女性皆が我慢するか諦めるかしなければならないのは、それを容認するすべての人が、男女問わず恥ずかしいことだと思った方が良いです。
お家で映画鑑賞🎵
.
ファッション・デザイナーを目指す大学生ネジュマは、女性にヒジャブを強制するなど、高まる抑圧的な風潮に反発を覚えていた。ある悲劇をきっかけに、自由と未来を求めて学生寮内でのファッション・ショー開催を目指す~🐽💨実話に基づいた悲劇の物語~主人公たちが自己主張強すぎてそれが悲劇の引き金に発展する顛末が悲しかったな~🔫😓😓😓
.
.
劇場で観たいと切望した作品だが、残念ながら近くで公開されなかった。

男は強く、女は弱い。基本はそうかもしれないが、力があれば偉いのか。賢ければ偉いのか。今の時代も男は上から目線が多い。最初は良い彼氏だと感じた男も、結局は女を支配する側だった。が、「アルジェリアに居たらいつか殺される」という発言には賛成だった。姉が殺され、街ではテロが起き、ヒジャムを着用していない女は殺されるかもしれないという現実にも関わらず、ネジュマは危機感という概念が無いのか。夢や意思をしっかりと持ち、信念を貫くネジュマの姿はとても勇敢で憧れるが、恐れを知らな過ぎるのは敵を作った1つの要因だったのかもしれない。敵は男だけではない、古い伝統により同性までもが敵となる。私なら家族で国外へ行く方法を選ぶだろう。

全部が史実でないにしろ、こんな事が現実に起こっているアルジェリアが信じられない。主人公ネジュマに100%の共感はしないが、この作品が公開された事に称賛を贈りたい。戦う女達、死なないで。
R

Rの感想・評価

3.5
この作品を見た後、

日も落ちて夜が始まるって街の中を

好きなジーンズとTシャツとパンプスで歩いた
エコバックに入りきらなかった、
卵とパンを私が持って、
重たい荷物を彼が持ってくれていた

気持ちよかった。
ちょうど良い気温で、食べ物を買って、
大切な人と帰り歩くことが楽しかった。

これから夏が来たら、
Tシャツはタンクトップにかわるだろう

100%なんてないけど、
少なくとも安全に暮らせる。
好きな服が着れる。
自分で選んだ仕事に就くことができる。

選択する自由を奪われることも
命を失うかもしれない恐怖も
わたしは知らない

たった15分前に見ていた映画は
現実にあるという事実が
今の自分は夢なのかと錯覚したから、
普段のその行動が
いつもはなんとも思わないそれらが
有り難く、尊いものだと思えた。

でもなんか違う。
わたしは幸せだな、と感じるような作品ではないのだ
そんなメッセージは含まれてないのだ
なにが言いたいかわからなくなってきてしまったけど
それはまだ整理がつかないってことなんだ
飲み込めてない
この事実を。
アルジェリアの宗教観念に真っ向から立ち向かう女の子の苦悩を描いた実話。


1990年代アルジェリアでは、「女性の正しい服装」ヒジャブを纏って家庭で慎ましく生きていくことが良しとされていたみたい。

かわいい派手なドレスを着たり、好きなように働きたいだけなのに、過激派によって弾圧される様は見ているだけで苦しかった。。


日本みたいな無宗教国にいると、礼拝や断食、戒律だったり宗教のために自分の自由を縛る感覚がよく分からない人も多いんじゃないかな。だからこそ、他国ではみんながみんな信仰できるものだと思っていました、、、

考えてみれば当たり前のことだけど、宗教国でも宗教に納得できずいる人はいるんだなとハッとさせられた作品でした。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.5
アルジェリアの“暗黒の10年”
自分はまだまだ勉強不足だった

各国に今も残る女性の自由への規制
その抑圧と不自由さに耐えながら
自分たちの未来を 自分たちで照らす
そんな大きな希望の灯を 瞳に宿し
彼女たちは 青春を必死で謳歌する
その姿は 日本や世界中の女子たちと
ほとんど 変わらない 華やいだ日々だ

なんだかんだ ホッとできる反面
そのように生きるコトを選んだ
リスクの大きさに不安を覚えてしまう

懸念通りの悲劇は起きるし 障害は巨大だ
でも 歩みを止めれば ランウェイの先に未来はない
その力強い一歩が 女性の前進となる事を 願うばかり