ぶく

グランド・ジャーニーのぶくのレビュー・感想・評価

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)
4.0
とにかく感動しました。
実話に基づいている映画ですが、トマや家族の再生等のストーリーはフィクションなんだろうな。
それでも、そこも含めてとても良いストーリーです。

ガンと少年という設定だが、よくある動物物の触れ合いハートフルお涙感動映画ではなく、クリスチャン・ムクレが取り組んでいる鳥への保護活動に心打たれ考えさせられる映画だ。

絶滅危惧の渡り鳥ガンを孵化させ、安全な渡りのルートを一緒に飛行して導き、また彼らが群れを作って再生できるように手助けしてやる。
人間が破壊し、汚染して絶滅に追いやられている鳥達。
まるで鳥に興味がなかった私ですが、ガンと一緒に飛行する本当に美しい自然とガンという生命に涙が出そうになる。
ドキュメンタリーには敢えてせず、多くの人に観てもらえるチャンスを作ったというこのフィクション映画だが、
自然の美しさ、絶滅危惧種の尋常じゃない多さ、クリスチャンらがなんとか守って行こうとする必死の活動を他人事として決して観れない。
だけど説教臭くも、加熱し過ぎた愛好家の訓示でもなく。
自然と鳥の美しさ、無くしたものは決してもう地球上に戻って来ないという本当に胸に沁みる、それでいて明るく素晴らしい映画でした。