maayan

グランド・ジャーニーのmaayanのネタバレレビュー・内容・結末

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)
4.2

このレビューはネタバレを含みます

去年観た中で私の中で最も気に入った作品でした!
ニルスの不思議な旅は本で幼い頃に私読んだ?、確認がてら児童書を読みました。あら意外にも読んでいません、内容知らない。。
ついには読み耽り…あれわりと長いお話しなんですね。でもステキなお話しでした。
そして、このグランド・ジャーニーに中で 旅をしている途中で出会った女の子に名前を聞かれて、ニルスと名乗るトマ。
ニルスのふしぎな旅のお話しには、中世のヨーロッパの素朴な少年はどこにでも居る 頑張らない系男子、いわゆる良い子じゃない子が旅をして変わっていきます。ハートが厚くなって、新しいことに出会うことが楽しくなってきます。まるで生まれ変わったかのように。
僕はニルスだ、彼が女の子に告げたのは、ニルス体験をしていると自分で認めた瞬間なのかな。なんだか嬉しくなりました!
本にはアッカ隊長も出てきました、ニルスが尊敬するリーダーです。

本作には、メディアに取り上げられて丸で英雄の凱旋帰国、騒がれちゃっていました。
お父さんが、ダミーの地点にお迎えの皆さんを誘導して、元々の目的だった「雁の群れ、安全な空路への誘導」をお父さんの家の横のゴールに無事誘導して、計画を完成させます。
それで雁は毎年お父さんの故郷に帰って来てくれることを示唆してくれています。
トマはそれからどんな人生を送るのでしょう、研究者かな?なんて勝手に想像をば。
子供も誘って観るおすすめ映画でした!