ドナルドダックじゃない方

グランド・ジャーニーのドナルドダックじゃない方のレビュー・感想・評価

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)
3.8
主人公のトマくん14歳はPS4のレースゲームばかりやってる典型的なダメ現代っ子。ゲームをやるだけならまだしもアイアンメイデンのTシャツなんか着ているのだから間違いなくクソガキである。見かねた母親はどうせ家でゲームばっかしてるならって感じで今は絶滅危惧種の雁の保護活動をやってる前夫に夏休みの間トマくんを預けることにする。
で、前夫が登場。こいつはまず(なんか実話らしいのでこいつとか言いにくいがどうせ本人は日本語読めないだろうからこいつと呼んでしまうが)こいつは登場約一分で文書偽造に手を染めるのであった。その文書というのはノルウェーと南仏を超軽量動力機で飛行して人工孵化した雁に安全な渡りルートを教える調教実験の許可書かなんかだから経費をちょろまかすとかそんなレベルではない。
登場約一分でそのレベルの触法をやらかしているアウトロー動物保護マンにもはや恐れるものなどなく、親父が親父なのでついこの間まではアイアンメイデンのTシャツを着てゲームばかりやっていた軟弱トマくんもいつの間にかアウトローに育って犯罪三昧。雁たちを連れて超軽量動力機で飛び立った時点で無免許運転、警察の追撃を振り切ってノルウェーからフランスへと渡りフライトを試みるがたぶん違法、食べ物とかガソリンは降り立った先の民家から略奪。若干14歳にしてこの華麗なるグローバル犯罪っぷり。そこらへんのヤンキーなんかトマくんに比べれば犯罪スケール的に乳幼児以下である。
法に反する大衆感覚とか大衆の願望を昔の日本映画はちゃんと掬い上げていたけれど、最近はそれがすっかりできなくなってしまったから、なんというか、しみじみと良いな〜と思いながら見ていた。あと雁がかわいい。