順慶

グランド・ジャーニーの順慶のレビュー・感想・評価

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)
3.8
最初に「実話を基にした」と註釈があったから信用するけど、その註釈がなかったらファンタジー映画だと思ったかもしれない。

色白でゲームに夢中の14歳の思春期のトマ。そのトマが、夏の間、自然の中で暮らす(研究している)父親と2人で暮らすことになる。
最初はWi-Fiもつながらない生活に辟易していたトマが、卵から雛にかえる雁の瞬間を目撃したあたりから変わっていく。鳥は最初に目たものを親だと思う。

自分が親だと思った渡り鳥の雁たちとの信頼関係が生まれたのかも知らない。トマは自分が親だという自覚が目覚めたように、雁たちを育てる守る。

で、トマはノルウェーからフランスまで、1人乗りの飛行機に乗って、雁たちといっしょに冒険に出る。
この映像が本当にすばらしい。

父親の計画通りに移動。野営しながら、町の人たちにも協力してもらないながらフランスを目指すトマ。
目的は無事にフランスまで飛ぶとこであるが、雁に飛行ルートを覚えさせることが本来の目的。

日焼けしていい顔色になって成長したトマは、自慢の息子だ。渡り鳥たちも含め、家族の物語だった。