グランド・ジャーニーの作品情報・感想・評価 - 37ページ目

上映館(10館)

「グランド・ジャーニー」に投稿された感想・評価

Dominoes

Dominoesの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

欧州の美しい景色がどれも絵になるショットで印象的だった。

髪ガチガチにセットしてるゲーム好きの色白少年が、ガン大好きの自然体こんがり少年になるとは笑

エンドロールもなかなか好き。
Tomoboop

Tomoboopの感想・評価

4.5
素晴らしい映像美!渡り鳥と飛行するシーンなど、どうやって撮ったの!?と息をのむような画が満載でした。ストーリーも、少年の成長、環境問題、家族愛などが盛り込まれた内容の濃いもので素晴らしかったです。北欧の美しい景色にも夏休み気分いっぱいになれました。
regency

regencyの感想・評価

2.5
本作のあらすじのベースとなっている、人間が“親鳥”となって渡り鳥を保護するプロジェクト自体は確かに驚嘆するし、賛同できる。
しかし、このプロジェクトをフィクションドラマ化した本作で描かれる、プロジェクト発案者である主人公トマの父親の行動には「?」マークを付けざるを得ない。環境保護、動物保護のためには狡い手段をしても構わないという姿勢は許容できないし、そのために被害を被る必要のない人にまで迷惑をかけ、自分は安泰という着地にも、いい気なもんだという感想しか浮かばず。
フィクション部分の過剰さが、実際のプロジェクトにも悪い印象を与えてしまっている気がする。
これがディズニー製作による、トマを完全メインにしたティーン向けテレビ映画とかだったら、まだ納得できたかもしれないけど。
自然、命、環境保護、親子愛、家族、親とは?色々な要素が詰まっているが絶妙なバランスで構成されている。自然の映像美も素晴らしくほぼ実写で撮られているので気持ち良い。IMAXまでとは言わないがなるべく大きなスクリーンで観てみたい。突然親になるプレッシャーと緊張感、命を守る事で覚醒する少年に芽生える親の勇敢さ。少年の純粋で無垢な信念は不可能を可能にするエネルギーに満ち溢れている。フランスではありふれた風景である複雑な家庭環境ではあるが、子は鎹は万国共通だ。実話ベースのフィクションとは言え、脚本も素晴らしくテンポ感も良かった。
ariii

ariiiの感想・評価

3.5
面白かったと思うんだけれど、体調悪くてめちゃめちゃ寝てしまった。。。ごめんなさい。。
もう一度また観ます!
|<