エイブのキッチンストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 130ページ目

「エイブのキッチンストーリー」に投稿された感想・評価

東京国際映画祭にて。

時間がぽっかり空いたので観てきた。

エイブ少年の可愛さと美味しそうな料理が楽しめれば良いんじゃないかと軽い気持ちで見たら、文化・宗教・信仰・人種の違いによるあれこれと親子の姿を絡めたハートフルドラマでなかなか良かった。

人種のるつぼニューヨークならではでもあるけれど、それを1つの家族に凝縮したキャラ設定にも感心。

年頃の子供の理解の及ばない域での大人の小競り合い、エイブくんが修復しようとする姿が健気だなぁー。

あと、劇中登場する料理どれも美味しそうで、かつ自分でも作れそうなのでレシピ探そう。
国も宗教も異なる両親の間に生まれたエイブ
両親とその親戚からは愛情たっぷりに育てられているけど、親戚一同集まれば国、宗教のことで言い争いに…

エイブは得意な料理で家族みんなが仲良くなれるように奮闘する姿がなんとも健気

屋台でフュージョン料理を販売しているチコに弟子入りをお願いするほど、家族をなんとかしたいという思いが可愛らしい

ストーリー展開は読めてはいるものの、心をポッと温かくしたいときにオススメ

料理も美味しそうでした
2020年11月1日、TOHOシネマズ六本木にて鑑賞。東京国際映画祭。

本編前に「コロナ禍でなければもちろん映画祭に出席したかった」とブラジル出身の若き監督からのビデオメッセージ。「憎悪にあふれた異常な世界に希望の灯をともせたら」と。

でも映画はそんな重いムードではない。12歳の料理好きな少年エイブはイスラエル系とパレスチナ系の両親を持ち、ブルックリン育ち。家庭はいつも宗教の違いでギクシャクしてる。夏休み、エイブはInstagramで見つけたシェフのもとに通い、料理を学んでいく。少年の作る料理は家族の分断を乗り越えるか。

エイブが学ぶのが「フュージョン」料理というのがこの映画の肝で、師となるシェフがブラジル・バイーア出身なので、文化が混ざった地、バイーアの料理もたくさん出てきます。お腹が空く系映画。11月20日に公開。お勧めです。
エイブがただただ健気だった
チコとエイブの絆が最高!

日本人で宗教と関わることなく生きてきたので宗教上の言い争いをしっかり理解しきれなかったけどエイブが家出してやっと重大さにきづく親たちにはちょっとイラッとした笑
子供を愛してることには間違いないんだけど、、

親たちの問題を感じて子供ながらに解決しようと頑張るのは自分も子供の頃経験したなあ!と共感できたし、少し嬉しくもなった!

帰って料理します!!
Rimaite

Rimaiteの感想・評価

3.6
11/1 TIFFにて鑑賞

ボクのステキなフュージョン料理でイスラエルーパレスチナ問題も解決!ってそんなに甘いもんじゃない。
だから本作にはそういうカタルシスは無い。
しかし料理を通して、少しでもその糸口が見えたなら…そんな希望を感じさせてくれる、エイブの成長ストーリー。
エイブがフュージョン料理家チコとの出会いを通して、厨房で料理のイロハを覚えながら成長していく様は、編集と音楽の相乗効果も相まって、観ていて実に心地良い。
またエイブが自分の心情を全てSNSで晒していくのも今風のノリで時代性を感じさせる。
エイブの生活を通して、イスラム・ユダヤそれぞれの文化・風俗も分かりやすく学べる要素もあり、中高生にもオススメの一本。
TKHR

TKHRの感想・評価

3.8
初めて見る料理が全部めちゃくちゃ美味しそうでお腹空いてしまいました。
いや、普通に食べてみたい。
チコが作る料理も、エイプが作る料理も。
食材の写し方とか調理している音に食欲を駆り立てられる。


両親の宗教の違いで振り回されるエイブが大好きな料理をきっかけに成長し、家族の仲を取り持つために様々な国の料理をミックスして家族に振る舞う。
異文化コミュニケーションと言われると聞こえはいいが、実際に宗派の違う二つの家族が仲良くなるのは難しいんだろう…

ただチコめちゃいい人です。
S

Sの感想・評価

4.0
 作中の過半数が料理の接写か、あるいは調理風景のショットで占められており、それだけで画面が保つというのは驚くべきことであると思った。ポルノグラフィと同じくらい食は訴求力がある。ついつい眼を奪われてしまう。

このレビューはネタバレを含みます

映画を観た後、直前にトレーラーを観てみた。トレーラーがこの映画の全てを伝えていると思った。この映画で、家族関係、親子関係、パレスチナ、イスラエル問題、フュージョン料理、異文化家族の板挟みのなかにいるエイブの葛藤、など盛り沢山にどこに焦点をおいてこのレビューを書こうか、なかなか決まらない。

Jorge Drexler - Milonga del Moro Judío この曲が好きだった。よかったら、コピペして聞いて。ユダヤ人でウルグアイ生まれの音楽家、医者

でも、このブラジルの監督(今は伴侶とロザンジェルスに住んでいる)の初めての英語の映画、これは何を言い表したかったのか?なぜ、この映画を作りたかったのか? それに。焦点を当てて自分の意見を書いてみる。

この『世界各地の味を掛け合わせた「フュージョン料理」を作るブラジル人シェフのチコと出会う』という文を解説から引用する。

チコはエイブ考えに同意し助け、エイブはユダヤ/パレスチナの両方の家族の心境を変えていった。ここに大切な役割を果たすのが、ブラジルバイーア州からきた、露天のフュージョン(融合)料理を営むチコ。チコはエイブに料理を教えただけでなく、家族が仲良くなるための秘訣を料理を通して教えた。それに、エイブの話を聞いて信じてくれた。(逃げるな、それに、向かいなさい。エイブ自身そのままでいなさいーチコのエイブに対するこのアドバイスはいいね。)

フュージョン料理はいろんな形で、進出していると思うが、固定観念があって頑固な両親や祖父母に伝統的な食材を使っていても、融合料理は理解されるのは難しい。それがよく出ているのを言語から探すことができる。エイブの呼び方もアラブでのとヘブライ語とでは違う。かれはエイブが好きだと言ってるからここで、エイブ、(それが題)と使うが、行方不明になったと思ってエイブを探すために名前を呼んでいるが、ここでも、料理だけでなく、アラブでとヘブライ語とで呼び合っている家族がコメディータッチになっている。ここで明らかに呼び合ってる声がフュージョン(日本語で融合)している。

それに、二つの文化からの融合の賜物であるのが(祖父はネガティブにエイブの前でいった)エイブのはずだ。エイブは二つの文化の料理を作って、感謝祭のテーブルに出す。基本的に二つの文化を大切にした融合料理の創作は仲違いしている家族の間で、エイブに生きる力をあたえている。結果は悲惨で、それぞれの家族の文化に簡単に受け入れられなかった。その後、エイブの自己逃避の結果、家族全員がエイブの作ったパレスチナとユダヤの融合料理を平らげた。最終的にはエイブの自己逃避がこの家族たちを一つにまとめたわけだが。融合料理はこのなかなおりの結果の過程になっている。各文化の料理にも素材、調味料などの共通点がある。ましてや人間が作るのだからもっと共通点があるはずだ。融合は共通点なのだ。米国大統領選挙で社会が分断されている。イスラエルのユダヤ人とパレスチナ自治区のパレスチナ人は分断の歴史を持つ。共通点を一緒に賛美しようではないか。世界を皆が住みやすいところにするために。そんな、映画だ。

社会がグローバル化され、人間が生きていく上にいいことも、悪いことも、テーブルの上に出して話し合うことが必要になってくると。逃げてはだめだと。融合料理を作ることによって、お互いの文化の良さを一つの料理にすることができるのであって、この概念が世界の人々が生きやすくするために必要だと伝えていると思う。伝統を大切にして守る気持ちはもちろん大切だと思うが。

好きなシーン
両親が感謝祭にどう家族を招待しようか話している時、エイブがパレスチナ料理とユダヤ料理の融合料理を感謝祭に考えだすシーンが好き。急に起き上がって、家族が一緒に楽しく過ごすようなことを検索すると、『東西Divan オーケストラ』の『フィガロ結婚』がひっかかってくる。これを聞きながら感謝祭の献立をたてる。ユダヤのパン、ハッラーにパレスチナのフムスをぬったりして、融合料理を考える。(このオーケストラはスペインに住んでいる、ユダヤ人、エジプト人やパレスチナ人など中東の融合楽団員で作られている。指揮者ダニエルバレンボイムがつくった)
あんこ

あんこの感想・評価

4.5
おじいちゃんおばあちゃ、お父さんお母さん、それぞれ違う生き方を教えてくれるけどエイブくん四方八方ふさがり!多様性の現代にきっといる子供!そして、エイブくんは唯一の居場所は料理をすること…!

エイブくんの宗教の違いなど複雑な家庭背景と多国の味を合わせたフュージョン料理が見事フュージョンした映画!料理を通して社会問題も教えてくれる!

エイブくんが料理と人間として成長していくのは感動!エイブくんの俺のフルコースどんな味か味わいたくなる!

そして、見たことない料理の数々に食欲と好奇心かりたてられる!

エイブくんと大人のシェフ・チコとの出会いも良い!チコとの交流はもっとみたかった!

ストレンジャーシングスのウィルでお馴染みノア・シュナップくん初主演!かわいらしさと演技にも満たされ満腹!

エイブくんしかできない、エイブくんしかいないんだよ!

料理映画はやっぱり良いね!

あんこぶつけたろか!
kotobuki

kotobukiの感想・評価

3.5
皆んなで食べる美味しいご飯。
それが
世界平和への一番近道。
否定は対立。
認め合えたら
ご飯ももっと美味しくなる!