エイブのキッチンストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「エイブのキッチンストーリー」に投稿された感想・評価

plantseeds

plantseedsの感想・評価

3.8
『人生は美しくなる前に、汚くなる』
(劇中)

2021.21

前々から観たかった作品。
ストレンジャー・シングスシリーズで人気、ノア・シュナップ君主演。


イスラエル人のお母さんと、パレスチナ人のお父さんを持つ主人公のエイブ。
歴史のことはよくわかりませんが、歴史的に非常に複雑な事情を抱える両国。

ですが、エイブがいかに複雑な状況に置かれているか、という事だけはわかりました。

両家の家族が一堂に会すれば、もう一触即発。
決定的な争いには発展しないものの、エイブの気持ちを想像するだけで、どうしようもない気持ちに…


そんなエイブは、料理が大の得意。
現代っ子ならでは、snsに料理の投稿をしちゃったりもして。
エイブにとって、料理をすることだけが心の安らぎだったのかもしれません。
そんなものがエイブにあってよかった。

ひょんなことから、自由な料理人チコに出合う。
はじめはエイブのことを煙たがることもあったが、徐々にエイブを料理人として認め、よき理解者になる。

チコはブラジル人であることもあり、エイブの複雑な身の上を、早い段階で非常に理解したように思えます。

(ブラジルは多民族国家だったと思うので、そういう文化的な多様さもあり理解しやすかったのかなとも思います)

料理という自分自身でいられる場と、メンター的な立場のチコに出合えたことが、本当に幸運であったと思います。
複雑な立場にいるエイブにとっての救いだなと思います。

『気分が優れないときは、料理はするな』
(by チコ)
良い言葉でした。

冒頭のセリフもいい言葉だなと思いました。
人生浮き沈みがあるもので、停滞はずーっと続くものではないということを、分からせてくれます。

長尺ではないので、サクッと見れますが、いろいろ考えさせられもする内容があった作品でした。
大人たちよ、頼むから子供の前で争うのはやめてくれ…

エイブの純粋さが心に響く。とにかく可愛い。

ストーリーをもっと料理中心にして欲しかったかなぁ

チコちゃんいいやつ
Yuki

Yukiの感想・評価

3.7
主人公はイスラエル人家族の母親とパキスタン人家族の父親との子供の生まれも育ちもアメリカの12歳のエイブ君。

ムスリムの事をすればユダヤ側が怒る。
ユダヤの事をすればムスリム側が怒る。
宗教的な事をすればパパが怒る。
でも何もしないのはママが怒る。

両家族の6人の大人にとってたった一人の子供。エイブ君の言動一つでどんな時でも喧嘩ばかりの大人たち。12歳の子にとって四面楚歌。

エイブ君はもともと好きだった料理に救いを求めるけどそれさえも自由にさせてもらえない。

さらには両親が自分の事で離婚してしまうかもしれない。

つっっっら!
けどエイブくんは思慮深くポジディブだったので全体に前へ前へと強引にでも進んでいく。

派手なアクションもストーリー以外の魅力も特に必要なし。
こういう系好きだぬぁ。

エンディングずっと見とれる。もう一回スタートから映画を見れた様な閉じ方。

映画の感想じゃないけど主人公の男の子が性別を超えたような美形すぎてこの時期特有の危うさを含む美を映画にした事が至宝。
さち

さちの感想・評価

3.8
民族間の宗教問題が家族内にあるとかよく向き合ってるよエイブくん👏😂😂
そこにSNS要素が付録で付いてくるので少しライトに見させてくれる。

お腹すいた〜🤤
mohaya

mohayaの感想・評価

3.0
思っていたよりも宗教問題の割合が多く、
重ためなストーリー。

それぞれが信仰している宗教が違う両親をもつエイブが宗教問題の間に挟まれ可哀想だった。

チコと料理してるエイブが一番楽しそうで、エイブがチコに出会えてほんと良かったと思った。
チコほんといいやつ。
Dumbo

Dumboの感想・評価

3.8
“宗教は家族を分断する”

「僕の名はエイブラヒム
呼ぶ人によってアブラハムとか
イブラヒムとかアビとか
でも僕は“エイブ”がいい
しっくりくるんだ
ただの”エイブ”」

宗教によって、国によって、
名前一つでも読み方、呼び方が違う…
なかなか日本人には馴染みがない事だけど、
家族や親戚の中で宗教が違うと
考え方や文化も違うから、
こんなにもギクシャクしてしまう
ものなんですね…



エイブを愛する気持ちはみんな同じなのに、
それぞれが、自分の宗教に従ってるだけなのに…
それがエイブを苦しめてる…

映画ではよく宗教の違いがテーマになるけど、
そんな映画を観るたび、
いったい宗教って何だろう?
人を傷つけたり、苦しめる宗教って⁇
そもそも宗教は幸せになるためのものなのでは?
と、いつも思います。

そして子どもは、親が喧嘩していたり不仲だと、
こんなに苦しんでいるんですね…
こういう子どもを見ると
私は胸が苦しくなります…


そんなエイブの心の拠り所は料理…
料理も国によって違うけれど、
それぞれの良さや美味しさを組み合わせれば、
新しい美味しさを作り出すことができますね。
まさにそれこそが、料理の醍醐味!
自分のことを、
“イスラエルとパレスチナのハーフ”
だと言っているエイブは
料理で家族の絆を取り戻そうとするのですが…



何より、ノア・シュナップ君が美少年すぎる✨
なんて美しいお顔なんでしょう…



Abe
Risako

Risakoの感想・評価

3.6
人と人とが仲良くするのってシンプルだけどすっげぇ難しいよねえ
エイブの気持ち考えるだけで泣けちゃう
大人はもっと大人になってくれ…

UMAMI
momo

momoの感想・評価

4.4
レミーの美味しいレストラン思い出した
めっちゃ好きやった〜おすすめ
cov

covの感想・評価

3.8
お料理好きな少年が健気でかわいい!
パレスチナ系とユダヤ系の親をもつ複雑な家族構成。信仰や習慣で対立してしまう大人たちだけど、みんな少年エイブを愛してるのよね。お料理って思いやりと化学。そしてブラジル移民のチコ師匠がよい旨味になってました!ほっこりしました。
Chiyo

Chiyoの感想・評価

4.2
信じている対象が違うことで、言い争いになってしまう。悲しいけど、現実だなとも思った。

そんな中で主人公(エイブ)がみんなの価値観、文化、しきたりなどをMixした料理を振る舞う場面には、ワクワクした✳︎

料理を楽しそうにするシーン。音楽から好きなテイストでした:)