ゆゆこ

勝手に逃げろ/人生のゆゆこのレビュー・感想・評価

勝手に逃げろ/人生(1979年製作の映画)
3.7
「創造界」「不安」「商売」…が合わさった時、そこに「音楽」が生まれる、、

…とそんな感じで、各々が微妙に連関性を持ちながら<人間>に触れたような作品だった。

スローモーションの活用も、ドランのスローモーションとはまるで違う。荒々しいが、より人間というのをリアルに感じてしまう。
しかし正直、不整合な音楽と映像と言葉の進行に、何だか置いてきぼりを食らったような気がして、世界に充分入り込めなかった。ここの周囲の評価が高いことを思うと、私もまだまだなのかなと思わされる。

それでも、ぶっちぶっちと容赦なく切れる音楽(各々の登場人物へのバックサウンド)に彼ら自信が「この音楽は何?」と聞くシーンは何だか面白い。そしてそのバックサウンドが実際の生演奏となってラストに突如として現れ完結したように見えたのもまた面白いと思えた。

いつかもう一回観たいと思う。
あと、若きイザベル・ユぺールが綺麗ッ!