ミ

MOTHER マザーのミのレビュー・感想・評価

MOTHER マザー(2020年製作の映画)
1.2
Filmarks試写会にて鑑賞
簡単な感想としては気に食わない
これは、絶対に、周平が主人公のストーリーでなければならない 周平は何を見てきたかの事実ではなくどんな感情を追ってきたかの構成が絶対に必要だった、あの構成ではバカな大人たちに翻弄されているだけにしか見えない 周平が何を感じてどこへ向かっていきたいのかそれを中心に描いて欲しかった 母なんてどうだっていい、バカなんだから、バカさなんて幾つかあるシーンの一つだけで伝わる 共依存とか好きとかどうでもいいんだよな見りゃわかるよ洗脳されてこそ出た言葉ではなく洗脳が解けてそれでも湧く感情が見たかった、もしあるのならば
周平のための映画であって欲しかった、あれじゃ地元のクソ怖い先輩と気の弱い後輩にしか見えない、言葉の暴力や力の強さに支配されてたわけじゃないはずだと思うんすよ 奥平くんの演技を見てると、そんなふうに思う もっと掬ってくれなきゃバカな息子で終わっちゃうでしょうよ、彼はバカなんかじゃないんですよ、彼の気持ちを蔑ろにするんじゃあないよ