テラジ

MOTHER マザーのテラジのレビュー・感想・評価

MOTHER マザー(2020年製作の映画)
3.6
filmarks試写会にて。
この映画の長澤まさみさんはまさに悪女なのですが、奥平大兼くんは神童でした。

悲惨だし、クズばかりだし、重い気持ちになりますが、愛のあり方を考えさせられる、見応えある映画でした。