ぎーこ

MOTHER マザーのぎーこのネタバレレビュー・内容・結末

MOTHER マザー(2020年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初のシーン、坂の途中から見下ろす景色はどこにでもありそうな住宅地。その片隅で、子に対して奇妙な執着を見せる親は決して作りものではなく本当にいると、歪んだ愛情の中で育った私は知っている。

子を同一化する秋子のような親に罪悪感はなく、そうなった原因を考えることも当然ない。原因が分かったところで子には関係ないこと。だから、物語の中心に周平を据え、秋子がああいう母親になった理由ははっきりと分からないまま、観客に同情を抱かせないほどに歪な愛を迷いなく貫く姿を描いていることに妙な好感を覚えた。
そして、秋子のやり方はほぼ洗脳。学校に行かず、情報も遮断されていると、他人と自分の何が違うのか明確に理解できない。でも、それはある意味幸せなことなのかもしれない。手に入れられないものを求めて藻掻いたり傷ついたりせずに済むのだから。それは周平の最後のことばに繋がっているような気がしている。

秋子役の長澤まさみさんは狂気をはらみながらも、「女」の顔が美しく、男が惹かれるのも無理はないと思わせる表情がさすがだと思う。
周平役の奥平大兼さんは複雑な感情を抱えた表情が素晴らしく、お芝居が初めてとは思えない演技力。周平が妹に愛情深く接する姿から、奥平さんを明るい役でも観てみたいと思った。