ゆみこ

MOTHER マザーのゆみこのレビュー・感想・評価

MOTHER マザー(2020年製作の映画)
3.5
filmarks試写会にて。


依存と執着、その終着について。

正直、観ているのが辛くなるほど悲しくて、恐ろしくて苦しかった。
一気に絶望の中を駆け落ちていく展開に、息つく暇も無かった。


その緊迫した空気感を創出している演者達の気迫。
長澤まさみを始め、役者全員がそれぞれにこの作品に対する意思を持って演技をしていた。

特に、奥平大兼には大きな可能性を感じた。
新人俳優とは思えぬ堂々とした演技で、目の鋭さと力がとても印象的。


また、映像の撮り方が好みだった。
ドキュメンタリーを多く撮っている方の映像だけに、静かに傍観するような一歩引いた撮り方が良かった。


本編後に大森立嗣監督が話していた、カットされたラストシーンについても興味深かった。
しかし、そのラストシーンを入れてしまうとやや説明的になってしまうと感じた。