ニクガタナ

無頼のニクガタナのレビュー・感想・評価

無頼(2020年製作の映画)
3.3
不良もの専門なイメージがあり、なんか食わず嫌いで観てなかった井筒作品初鑑賞。大戦後の昭和、平成バブル期を生き抜いた無頼の徒を描く群像劇。ここ数年昭和なヤクザ映画を何本か観て面白かったので、実在のモデルがいるらしい本作が気になって観てみたが、正直つまんない。次から次に登場人物が増えて、だからどうした虚しさ煽るフェード繋ぎ。群像劇にもほどがある。朝ドラ総集編みたいなエピソード繋ぎの脚本が単調で散漫。ネタ元的に扱いにくいのか彼らのシノギが何なのか分かりづらく、生活が見えないのが残念。なんか人道的な稼業に見せててずるい。中途半端なドンパチいらんのでヤクザの日常の営みをもう少し見たかった。EXIELの松本利夫演じるヤクザ組長はオーラを感じずちょっと無理がある。組長自らあんなに何回も刑務所に入るもんなのね。少年時代の子役が貫禄の表情で良し。妻役の柳ゆり菜がぜんぜん老けずに可愛いまま。ヤクザ役が皆良い面構えで演じてて楽しそう。