mia0708

情婦のmia0708のレビュー・感想・評価

情婦(1957年製作の映画)
4.0
どんでん返しのストーリーだけでは3.8。でもお茶目なご老体弁護士さんに0.2加点で4.0。

あれ~?あれ~?変だなぁ。皆が4.5とか5.0を付けてる作品にこの評価は低いか。でも事前にもの凄いどんでん返しがあると聞いていたので、裁判の後半の方はその事しか考えて無かったし、ありとあらゆるどんでん返しのシナリオを想定していたのが悪かったか。

お金持ちな未亡人の殺害容疑を掛けられた男が、心臓病で病院を退院して来たばかりのベテランお爺ちゃん弁護士に弁護を依頼したが・・と言うお話。

このお爺ちゃん弁護士と手厳しい看護婦さんとの攻防が笑える。お酒も葉巻も禁止されてるお爺ちゃん。杖の中に葉巻を隠すも目ざとい看護婦に見つけられ、薬だ昼寝だお風呂だと子供の様にガミガミ言われてしまう。

おッ。でもこうしてこの作品を振り返り始めると、やっぱり良く出来たシナリオだったかな?特にあのシーン・・(どのシーンだ!)

昔の白黒映画はちょっと苦手な私でも最初から惹き込まれました。


お爺ちゃん、また水筒の中に変なもん入れると看護婦さんにばれちゃうよ!

P.Sこの英語タイトルがどうして「情婦」になるのかは全く謎。