ファーザーの作品情報・感想・評価

ファーザー2020年製作の映画)

The Father

上映日:2021年05月14日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

あらすじ

「ファーザー」に投稿された感想・評価

sw

swの感想・評価

3.5
認知機能の低下、それは誰にでも起こり得ることで決して他人事ではない。
そんな事実をまざまざと見せつけるかの如くアンソニーホプキンスを通して認知症の疑似体験をさせられる映画でした。
物取られ妄想、せん妄、病識の無さなど、これでもかと痛々しい場面ばかり。
血の繋がってない家族からしたら自分たちのプライベートを侵す邪魔者でしかないような描写も悲しいけどあり得る話で。
身近な人間がいつああいう状況になってもおかしくないので、教材として観ておいてもよさそうです。
あまり救いのある話では無く、あくまで認知症の現実を描いているので、ある程度の覚悟は必要ですけどね。
フィクションでいいので、希望を見出せる作品の方が好みなので、評価高くないです。
jun2km

jun2kmの感想・評価

4.8
自分でも予想してなかった。泣くつもりなんて微塵もなかったんだ。ただ97分間、アンソニー・ホプキンスさんのアカデミー賞演技を楽しむだけのつもりだったのに。ラスト5分、身体の筋力が全て失われて、心の深淵部から彼の演技に魅せられた。いや、何て言ったらいいんやろ。アンソニー・ホプキンスさんの肉体をつくっている霊的な何かが私のからだに憑依した感じやった。彼が演じた主人公は実在していて、そしてその主人公は私自身でもある、そんな感じだったんだ。リインカネーションてこんなものなのかもしれない。そうやなぁ。映画の主人公とそこまで一体化したことなんてないよ。だから、主人公が泣いたのは自分が泣いたのと同じなんだ。いやもう、アンソニー・ホプキンスさん、恐るべし!
映画で描かれていたのは認知症の話なのでしょう。でも、俺だって認知症なんやで。
だってさぁ、、、
仕事に追われまくっているからかも知れんけど、
俺、自分が誰かわからないよ。
何をしているかわからないよ。
どこにいるかわからないよ。
横たわっていいのかわからないよ。
何が真実で、何が真実でないのかわからないよ。
周りの人達が誰なのかわからないよ。
そして。そして、、、。
あなたには、私の前からいなくならないで欲しいよ。
映画では主人公が泣きじゃくりながら言うんだ。
「母に会いたい」って。母なら自分が何者なのか教えてくれるだろう⁈

映画のラスト5分からエンドクレジットが終わるまで、眼から熱いものが染み出し続けた。
俺、思ったんだ。あなたに会って話したいって。
私が本当に、この世界に生きている事を伝えたいなぁ。

映画館で鑑賞しました。映画を見るなら、やっぱり映画館だね!いつか一緒に行きましょう!カカオの効いたアイスクリーム、奢ってあげるよ!
Adele

Adeleの感想・評価

4.0
念願の本作、やっと映画館で観てきました
ホプキンス × コールマン
良くないわけがない!素晴らしいに決まっている

結論から言うと、個人的に現時点で今年度No.1
ラスト、ホプキンス氏の名演と脚本のセリフに泣いた
マスクが濡れるほど泣いた
エンドロール後、劇場内が明るくなってからも、しばらく放心状態で席から立てなかった
帰り道もラストのホプキンスの演じるアンソニーのことを思い出しただけで、涙が滲んだ
こんなに泣いて複雑な想いで胸がいっぱいになった作品は本当に久しぶり

もちろん、オリヴィア・コールマンの名演も忘れてはならない
ホプキンス氏の名演はもちろんだが、彼の娘役がコールマンではなく、演技力のない役者だったら、本作はここまで素晴らしい作品はなっていなかったかもしれない
巷では、ホプキンス氏の演技が取り上げられているが、ホプキンス × コールマン、この2大実力役者の名演のおかげだと思う

私事だが、私の父も高齢で危うくなってきている
また、私自身も独身で将来、父の面倒を見ることになるだろう
だからこそ、コールマン演じるアンに感情移入してしまった
果たして、自分も将来いい人が出来たら、父を置いて海外へ行くことはできるだろうか…

人間誰しも、認知症になりたくない
しかし、自分の将来はどうなっているのか、認知症になるのかどうかなんてわかるはずもない
ましてや、なったとしても、本人は認知症だとわからないし、認められない、認めない

作品中のアンとアンソニーは他人事ではない
どちらももしかしたら、将来の自分の姿かもしれないのだ

余談ですが、レビューを書いている今もまだ胸がいっぱいだし、ラストを想うだけで胸が痛くなります

アンソニー・ホプキンスという人間は個人的には、もう人間国宝以上の存在です
自分にとっては映画界の神
自分が生きている間にアンソニー・ホプキンスという役者を知れたこと、彼の演技と作品を観れたことに感謝したいと思います

また、本作のパンフレットにもホプキンス氏とコールマン、そして監督のインタビューも掲載されており、とても興味深かったです

辛くて頻繁には観られないけれど、Blu-rayが発売されたら、手元に大切に置いておきたい永遠の1本です
nkmrmsk

nkmrmskの感想・評価

4.7
人生で一度は見るべき映画を聞かれたらこの映画を応えるだろう。

それだけ、普遍性があり、そして誰にでも起こりうることであるからだ。
人間である限り。
タロス

タロスの感想・評価

3.7
場面とか配役をバラバラに見せる演出はまるでミステリー映画のようでアンソニーと同じ境遇にさせる内容はとても楽しめた。

面白かったけどもう一度見るのはもう少しかかりそう。
taka

takaの感想・評価

4.0
認知症おじいの主観を客観視したような映画。どのように接していくのか考えれる映画。
認知症? を当事者の視点で映そうと試みた映像は初めて観ました。

認知症の症状は本で読んだり、話に聞いたりしたことはあるけれどどれも正直ふーんという感じで実感がなかった。
この映画でようやくこういうことか、と合点が行った感じ。

しかしそれも非当事者の状態だから「そこおかしくない?」とツッコめるのであって、実際に世界が非論理的に繋がって見えてる本人からしたらそりゃ焦るし混乱するよな、と。

単なるヒューマンドラマに始終するものではなく、大変興味深い映画でした。
土偶

土偶の感想・評価

4.0
葉っぱが落ちるように記憶がポロポロと失われてて認知症が進行する父の視点で描いている、父娘の物語。
人物認識も曖昧になり時間軸が歪んでいくさまに観客側の私たちも、認知症のある疑似体験に近いものを感じていたかもしれない。
自分の記憶と拠り所が少しずつ失われるのってこんなにつらいとは…。
>|