ファーザーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 414ページ目

ファーザー2020年製作の映画)

The Father

上映日:2021年05月14日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ファーザー」に投稿された感想・評価

まるこ

まるこの感想・評価

3.3
アンソニーホプキンスに釘付けになってしまう
認知症の疑似体験ができます
サスペンスを見ていたかと錯覚する。自分がどこにいるのか、娘と思った人が見たこともない人に見えたら、知らない人が家にいたら、どれだけの不安と恐怖だろう。自分が病気だなんて全く思ってない父。映画を見ている感覚と自分の現実が時折混ざり合ったが、アンソニーの不安さと苛立ちは腑に落ちた。こんな気分なのか。客観的に見るというより見ているうちに巻き込まれて当事者のような気分にさせられる。

名優アンソニー・ホプキンスが先日のアカデミー賞で主演男優賞を受賞した作品。
待望の公開です😊。

娘役のオリビア・コールマンと共に、圧巻の演技でした😆。

現実の世界と、認知症による倒錯の世界。
その両方を行ったりきたりする父と、その娘の苦悩。
その感情の揺れを、両名優が表情や仕草で見事に表現していました。

ストーリーを追う映画ではないけど、ゆったりと心地良い空間にいるような至福の時間になりました。
のんchan

のんchanの感想・評価

4.5
必ず観たいと心に決め、コロナ禍ながらも初日初回に臨みました‼️

アカデミー賞主演男優賞🏆のアンソニー・ホプキンスの演技を堪能しました👏
この方以外に獲れるものではない‼️と証明してくれるような繊細な心の描写、瞳、口元のほんの微妙な動き、激しい感情の揺さぶり方、身体全体からも老いを演じている。とにかくこの演技を観れただけで大満足でした。あっという間にエンディングを迎えてしまい、それが演技力と言うものかと圧倒されました。

実年齢より2歳若い役どころ、それもご本人と同じ名前と誕生日に設定している所も、良いのかどうか?私はホプキンスさんの心の中の本当の声を聞きたかった😥
それは認知症になった80歳のアンソニー(本人と同名)の視点でストーリーが進むから。素顔のままで?メイクの必要は無いにしろ...しかし老いどころではない、莫大な台詞があるのだから...


ただ認知症の症状は人それぞれだろう。医者だって本当のところわかりゃしないのでは?と思う。認知症の人から実際を正確に聞ける訳もない。
この作中は、現実か?妄想か?夢か?幻か?みたいな感覚を、観客も一緒になって時間共有するのだが...んーラストが...

娘役のオリヴィア・コールマンの演技も素晴らしかった👏
痛いほど解るからこそ、どうしたら最良なのか?でもどうしようもない感情がある。年齢が近い人は胸が締め付けられるだろう。自分ならあんなに優しく対応出来るかな?と問うたり...
それ程身近な話であり、自分の経験上、物忘れしてしまう親をキツく言ってもダメ。できるだけ優しく笑顔でいてあげたいと日々感じてはいます。

この作品で監督デビューし、戯曲を手がけたフロリアン・ゼレール。アカデミー賞で6部門ノミネートする快挙を成し遂げただけある確かに傑作でした🌟
欲を言えば終わり方が物足りなかったかな...あれで良いのかな?


もはや認知症は世界中で社会問題。
誰だって歳を重ねて老いるのだ。若い人こそ、この作品を観ておくべき。絶対に他人事じゃない‼️
観終わったあと、正直全く意味がわからなかった

隣の女性がエンディング近くで鼻グジュグジュしていたが、鼻炎かと思ったくらいだ

観ている間、???の連続でずっとネタの裏読みばかり考えていたが、素直に観たほうがよかったかもしれない

ネタバレみたあと観ればよかった
MERCUryu

MERCUryuの感想・評価

3.9
何となく前情報で想像している感じとは少し違うんだろうなと思っていたけど、やはりいわゆる親子愛で感動させるような類の映画とは一線を画していた。ただひたすらに老いの怖さを感じる映画。同じ事が何度も繰り返され、何が真実かわからない場面はサスペンスというよりもはやホラーのよう。アンソニーホプキンスは受賞も納得の名演技。段々と現実を見失い弱っていく様子がリアルで、泣きそうになってしまった。
他人のフラットに招かれて私事になる

FUCK OFF! 私のフラットだぞ!腕時計がない。パリ?英語も話さん連中だ。練りに練られた見事な語り口に驚愕・戦慄する。アンソニー役アンソニー・ホプキンス = 非常に知的なハンニバル・レクターの晩年。名優の名に相応しい名演技で見せる。胸締め付けられる。陰影の際立つ照明に、英国らしく舞台劇的に限られた室内という空間で展開される素晴らしいドラマ。
「?」映画 = 世界の見方から受ける印象なんてものは主観・主人公によって変わるわけで、その点で本作はその特徴を最大限効果的に生かしていると言っても過言でない。思わず前のめりになって見入ってしまうような破壊力と入れ子構造、何層にもなった混乱。例えばABCDとあったらBとCが逆に繋がって、AとDが繋がるような、そしてまた別のところに飛ぶ。頭こんがらがって何が本当か分からなくなる。しかし、それらは何も特別なことではない。誰もがこの先経験し得るものだ。誰の身にも降りかかる記憶の曖昧さに虚構のリアルさ、信じたものが壊れていく感覚。医療が発達すると共に平均寿命も伸びて生涯100年なんて言われる現代の超高齢社会に際し、益々現実味を帯びるテーマ(ex. 老老介護)。だから余計に身につまされる求心力。シンプルだけど、だからこそより刺さる。パワフルにエモーショナルに否が応でも掻き乱される。この作品のどの登場人物にも自分はなりえるのだという感覚に時など忘れて……今何時だ?腕時計がない。

P.S. アカデミー賞主演男優賞は『マ・レイニーのブラックボトム』故チャドウィック・ボーズマンを応援していたけど、実際に本作を見てみると納得してしまった。『ノマドランド』フランシス・マクドーマンド然り、オスカー受賞経験ありな名優たちの歳を重ねたからこその名演技に唸る。若い世代に活躍してほしいが、そんな(賞レースの)年があってもいい。刺激になればいい。

勝手に関連作『ビューティフル・マインド』『シャッター・アイランド』『羊たちの沈黙』『ドレッサー』『アリスのままで』『きみに読む物語』
犬

犬の感想・評価

4.0
腕時計

ロンドンで独り暮らしを送るアンソニーは、認知症により記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配した介護人を拒否してしまう
そんな折、アンソニーはアンから新しい恋人とパリで暮らすと告げられる
しかしアンソニーの自宅には、アンと結婚して10年以上になるという見知らぬ男が現れ、さらにアンだと名乗る見知らぬ女性まで現れ……

老いによる喪失と親子の揺れる絆を、記憶と時間が混迷していく父親の視点から描き出すドラマ

混乱する

何が真実か
認知症の体験ができます

ミステリー
演出がお見事
もう途中からワケが分からなくなります

いろんな要素が込められている
明かさてなくても何かが隠されている
さまざまな考察ができそうです

見てて辛い
知的な人ほどなりやすい

雰囲気も良かったです

アンソニー・ホプキンスの演技が素晴らしい
感情豊かに演じきっていました
AOI

AOIの感想・評価

4.2
【認知症が始まった父親アンソニーと、彼を介護する娘アン】

時節柄、観客も少ないかと思いきや、一つ置きの席は、アンソニー予備軍やアンでいっぱい👀

ああ言えばこう言うアンソニー😔
自分の周りを見ても、その人の短所が、より強調されてくるのが痴呆の始まりのような気がする

膨大な台詞量をチャーミングにこなす彼は納得のオスカー👍「失言」の演技に惚れてしまう😻

現実と恍惚のハザマで葛藤するアンソニーは、まるでパラレルワールドを生きているかのよう

アンソニー目線で描かれる為、観客も彼と同じ精神状態を体感するという脚本がコワすばらしい!
心ない言動は、アンソニーの危惧を現す心の声と理解した( o̴̶̷᷄ ·̫ o̴̶̷̥᷅ )

アカデミー賞授式までが『ファーザー』です

------- ------- -------

本日の席ガチャは隣のアンソニーが大イビキかいてたくらいかな
もはや効果音だから問題なし

静かに忍び寄る恍惚の世界•••寝ちゃうのわかる
Anne

Anneの感想・評価

3.8
インテリアが素敵。

演技が素晴らしい。

構成がすばらしい。

今、コロナで家族一緒に住めなかったりで
少し情緒不安定な中みたので
ぽろぽろ泣いてしまった。
鼻水拭くの大変だった。

終わったあと泣いてるの
他の人に見られないように
こっそりと映画館を後にした。

平日朝いち9時台の回を見たけど
結構人入ってた。

すごく久しぶりに映画館で映画を見た。
よかった。

あなたにおすすめの記事