ライムライトの作品情報・感想・評価

「ライムライト」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「ライムライト」
原題「Limelight」
1953/2/22公開 アメリカ作品 2017-161
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング16位 再鑑賞

本作はチャップリンが長編映画で初めて素顔を出した作品で、同時にアメリカでの最後の作品となりました。また「世界の三大喜劇王」チャップリンとバスター・キートンによる初の共演作でもありますね。
言葉の魔術師でもあるチャップリンの名言集とも言える本作、生きることに絶望し、命を絶とうとした若きバレリーナに「生きる」ことの意味をチャップリン扮するカルヴェロが熱弁を振るって鼓舞する名場面は見る者を圧倒する迫力があります。
「人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。」この台詞はずっと心に残っています。
ストーリーはチャップリンらしいコミカルさは少し影を潜め、物悲しくシリアスに「命」をテーマにした物語が素晴らしい音楽と共に印象深く進んでいきます。
チャップリン作曲の主題歌はアカデミー作曲賞を受賞しました!

喜劇王チャールズ・チャップリンが最後にアメリカで製作した後期の代表作。1914年のロンドンを舞台に、かつての花形喜劇役者・カルベロ(チャップリン)と、リューマチで脚が動かなくなり自殺を図った若きバレリーナ・テリーの心の交流が描かれる。共演にバスター・キートン、クレア・ブルーム。チャップリンは製作、監督、原作、脚本、音楽、主演の1人6役を務めた。
kamyutoru

kamyutoruの感想・評価

4.0
結末は哀しくもあるが、主人公が自らの「老い」に向き合い、選びとった結果であって、悲劇ではない。
言葉に表明される人物の気持ちとは裏腹に、アンビバレントな感情が感じ取れることが多く、物語の展開に緊張感を生みだしていた。
最後のクレア・ブルームのアップショットは、柔らかい光が当てられ、息を呑むほど美しかった。チャップリンはバイオリン上手い。多才。


描かれているのは恋なのに
生きる意味やただ「生きる」を感じる。
この世界から猫が消えたなら。で
死を宣告された主人公が人生最後に
観る1本をライムライトにした理由が
わかる気がする。
"死からは逃れられないけど生きることも同じ"
ハッとさせられることが多々ある。
感動を誘おう誘おうって作品じゃないのに自分の気分でボロボロ泣いたりしてしまうような作品。
落ちぶれたコメディアンと、足が動かなくなったバレエ・ダンサーの物語。

生きることは美しい。
生きよう。
生きようぜ!戦うんだ!

人生に意味などない、人生は欲望だ。
希望がないなら、一瞬を生きよう。
素晴らしい一瞬はある。

生命の輝き、生きるエネルギーを感じる映画です。
傑作。
哲郎

哲郎の感想・評価

3.9
『世界から猫が消えたなら』のツタヤくんお薦めのライムライト、観てみました。

心優しいカルヴェロが等身大のチャップリンを映してる様で、良い話でしたー😊

テーマ音楽も良かったです👍
kossai

kossaiの感想・評価

4.1
ストーリー:B+
キャスト:B+
リピート:B

[採点ルール]
————————
A : 1.7
B+ : 1.5
B : 1.3
C+ : 1.1
C : 0.9
————————

<ストーリー>
A=とても良い
B=良い
C=良くない

<キャスト>
A=とても良い
B=良い
C=良くない

<リピート>
A=何度も見たい
B=もう一度見たい
C=もう見たくない
やっぱり名作!老いによる衰退って切ない、、芸術で結果を出している人は精神を追い込んでいるイメージが。数々の名言が奥が深くて後世に語り継がれる作品にはちゃんと理由があるんだなと。時代を感じさせる映画の撮り方がたまらない!
Seba

Sebaの感想・評価

-
こんなのチャップリンじゃない、って思うけどチャップリンなんです
>|