ライムライトの作品情報・感想・評価

「ライムライト」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「ライムライト」
原題「Limelight」
1953/2/22公開 アメリカ作品 2017-161
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング16位 再鑑賞

本作はチャップリンが長編映画で初めて素顔を出した作品で、同時にアメリカでの最後の作品となりました。また「世界の三大喜劇王」チャップリンとバスター・キートンによる初の共演作でもありますね。
言葉の魔術師でもあるチャップリンの名言集とも言える本作、生きることに絶望し、命を絶とうとした若きバレリーナに「生きる」ことの意味をチャップリン扮するカルヴェロが熱弁を振るって鼓舞する名場面は見る者を圧倒する迫力があります。
「人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。」この台詞はずっと心に残っています。
ストーリーはチャップリンらしいコミカルさは少し影を潜め、物悲しくシリアスに「命」をテーマにした物語が素晴らしい音楽と共に印象深く進んでいきます。
チャップリン作曲の主題歌はアカデミー作曲賞を受賞しました!

喜劇王チャールズ・チャップリンが最後にアメリカで製作した後期の代表作。1914年のロンドンを舞台に、かつての花形喜劇役者・カルベロ(チャップリン)と、リューマチで脚が動かなくなり自殺を図った若きバレリーナ・テリーの心の交流が描かれる。共演にバスター・キートン、クレア・ブルーム。チャップリンは製作、監督、原作、脚本、音楽、主演の1人6役を務めた。
いつみ

いつみの感想・評価

4.0
チャップリンが自身の熱い想いを込めたセリフの数々に胸打たれた。

人生において必要なものが詰まってました。

素晴らしき名作。
RIN

RINの感想・評価

-
来夢来人てスナックあるよね
不覚にも泣いてしまった。
バスター・キートンが出ててうれしい〜!
甘い詩だった

ひたすらに美しい

最後まで芸人でありつづけたカルベロに感服。
百合

百合の感想・評価

5.0
こんなに泣いた映画は久しぶり。(多分20分と間隔を空けずにずっと泣いてた。テリー役のクレア・ブルームの美しさと目の輝きが凄すぎる。それにチャップリンの慈しみ深い眼差しを見てると、若いテリーが老齢でも親切なカルヴェロを愛するのに説得力が増す)
「宇宙にある力が地球を動かし、木を育てる。君の中にある力と同じだ。その力を使う勇気と意志をもつんだ!」という台詞に、チャップリンはこうやって辛い境遇の中や緊張の中でも自分を奮い立たせて生きてきたんだなと感じた。
テリーとカルヴェロの心の交流、確かな愛情、カルヴェロの含蓄ある言葉。周囲の人間。何もかもが人間の生命を讃えている。
また、辻音楽師に落ちぶれたカルヴェロが「あらゆる場所が舞台です」と言うのに、コメディアンとしての矜持を感じた。
余談だが、英語版のほかに、77年吹替版で見たが、高橋氏のアフレコは深い慈悲と厳しさと悲哀を併せ持った日本語を話すカルヴェロだった。酔ったときの演技も凄い。テリー役の紀比呂子さんのお声も大変上品で素敵。
最後泣きました、、
てんま

てんまの感想・評価

3.6
愛と老
僕もおじいちゃんになったらこんな感覚を持ったりするのかな
キートンが少しだけ登場する、本当に少しだけ
み

みの感想・評価

5.0
チャップリンもこういう表情をしてこんな作品を作るのか。もう道化のその顔はチャップリンに見えなかった。
圧倒的に今までのチャップリンで一番でした。何度も見たい。
#せか猫のオススメ映画
>|