ライムライトの作品情報・感想・評価

「ライムライト」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「ライムライト」
原題「Limelight」
1953/2/22公開 アメリカ作品 2017-161
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング16位 再鑑賞

本作はチャップリンが長編映画で初めて素顔を出した作品で、同時にアメリカでの最後の作品となりました。また「世界の三大喜劇王」チャップリンとバスター・キートンによる初の共演作でもありますね。
言葉の魔術師でもあるチャップリンの名言集とも言える本作、生きることに絶望し、命を絶とうとした若きバレリーナに「生きる」ことの意味をチャップリン扮するカルヴェロが熱弁を振るって鼓舞する名場面は見る者を圧倒する迫力があります。
「人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。」この台詞はずっと心に残っています。
ストーリーはチャップリンらしいコミカルさは少し影を潜め、物悲しくシリアスに「命」をテーマにした物語が素晴らしい音楽と共に印象深く進んでいきます。
チャップリン作曲の主題歌はアカデミー作曲賞を受賞しました!

喜劇王チャールズ・チャップリンが最後にアメリカで製作した後期の代表作。1914年のロンドンを舞台に、かつての花形喜劇役者・カルベロ(チャップリン)と、リューマチで脚が動かなくなり自殺を図った若きバレリーナ・テリーの心の交流が描かれる。共演にバスター・キートン、クレア・ブルーム。チャップリンは製作、監督、原作、脚本、音楽、主演の1人6役を務めた。
チャップリン晩年の自分を投影してるような作品
人生に意味を求めるな的なセリフがよかったけど、バレエのシーンとネタのシーンが長すぎたからこの点数
愛おしさがある。
一生懸命でぶきっちょな人が好き
ドラマ性が先行して、チャップリンの真骨頂である機械化した身体の滑稽な動きと笑いはそこまで前景化していない印象でしたが、やっぱりあのメインテーマ曲はいい得ない感動を覚えるものでした。
しかし、ドラマ性それ自体がダメなのでは決してありません。過剰なドラマ性はうんざりということです。その点でも本作は優れています。サイレント風味なアルルカンの上演。
チャップリンの自己言及的なアイロニーとそれでもなお信じたい愛の確かさ。愛と献身は異なる感情か?ガキの私にはまだ答えの出ない問いです。一生かけて考えます。
 「ライムライト」はチャップリン自身の半生がモデルだ(当の本人は結局最後まで有名人だったが)。もしかしたらチャップリンは自分の衰えを感じていたのかもしれないが、映画自体は60年たった今でも最高に楽しく、そして悲しい。
 老いさらばえたコメディアンが希望を無くした娘を助け、今度は逆に自分が落ちぶれていきその娘は大成功を遂げる。構成としては今年度初頭に見た「イリュージョニスト」によく似ている。カルベロはテリーに人生の楽しさを説くが、当の自分は舞台に立つことを恐れ怠惰な生活を送っている。だからテリーの成功を喜ぶ反面、余計に自分の失敗を気にするようになる。このキャラクターが持つジレンマこそがチャップリンの持ち味だろう。「放浪者」としての顔ではなく、初めて「チャールズ・チャップリン」の素顔をさらけ出し今までの作品よりもリアルだ。
 素晴らしい映画は絶対に衰えないことを「ライムライト」は証明した。
(12年1月8日 TOHO梅田 4.5点)
スミミ

スミミの感想・評価

4.2
素敵な映画
べらし

べらしの感想・評価

3.4
チャーリー、よくこれの後で映画を作り続ける気になったな
自分を殺してしまったも同然じゃないか
tori

toriの感想・評価

4.0
大昔に観た映画の一番良いところ
内容を全く覚えていないので新しい映画を観るのと同じであること

でも途中で雰囲気と淡い記憶からハッピーエンドではなかったなぁくらいは感付き始めた
望んだエンディングでは確かになかった
かといって悲しかったり、不条理でもない
あんな結末でも清々しいきれいな映画だ
>|