ライムライトの作品情報・感想・評価

「ライムライト」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「ライムライト」
原題「Limelight」
1953/2/22公開 アメリカ作品 2017-161
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング16位 再鑑賞

本作はチャップリンが長編映画で初めて素顔を出した作品で、同時にアメリカでの最後の作品となりました。また「世界の三大喜劇王」チャップリンとバスター・キートンによる初の共演作でもありますね。
言葉の魔術師でもあるチャップリンの名言集とも言える本作、生きることに絶望し、命を絶とうとした若きバレリーナに「生きる」ことの意味をチャップリン扮するカルヴェロが熱弁を振るって鼓舞する名場面は見る者を圧倒する迫力があります。
「人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。」この台詞はずっと心に残っています。
ストーリーはチャップリンらしいコミカルさは少し影を潜め、物悲しくシリアスに「命」をテーマにした物語が素晴らしい音楽と共に印象深く進んでいきます。
チャップリン作曲の主題歌はアカデミー作曲賞を受賞しました!

喜劇王チャールズ・チャップリンが最後にアメリカで製作した後期の代表作。1914年のロンドンを舞台に、かつての花形喜劇役者・カルベロ(チャップリン)と、リューマチで脚が動かなくなり自殺を図った若きバレリーナ・テリーの心の交流が描かれる。共演にバスター・キートン、クレア・ブルーム。チャップリンは製作、監督、原作、脚本、音楽、主演の1人6役を務めた。
AsukaNara

AsukaNaraの感想・評価

4.0
大道芸人と踊り子の、せつないドラマ。

単純なお話なのにとても哀しくも美しい映画でした…!

チャップリンの最後の方の作品ということもあり、チャップリン自身の境遇と被るところもあり感動しました。
主人公の純愛ぶりが素晴らしい!

あと、ラストのチャップリンのパントマイムは圧巻!
kasa1024

kasa1024の感想・評価

4.1
この映画も久しぶりに見たくなりツタヤでレンタルしました😁観賞してやっぱり心に残ると名作だと感じましたねね😊特に有名な音楽‼️バレリーナのテリーがなんか踊ってると思ったらテリーのテーマという曲だったんだと感じました😅良い曲ですよねー
改めてチャップリンは凄い俳優だと感じましたね😊
バスターキートンも出演してたとは思いませんでした😊
どうしてもストーリーを追ってしまいがちになる構成だが、役者たちの命を燃やすような芝居には素直に感動した。
XenaAyako

XenaAyakoの感想・評価

5.0
人が生きていく力、復活や挫折、愛、そして加齢、全てが入っている映画。
チャップリンが作曲した「テリーのテーマ」も心に残る名曲でした。
カルベロの深い愛、優しさ、それに応えて成長するテリー。愛するが故に、身を引こうとするカルベロ。その切なさを見事に伝えるテーマ曲。いい映画です。
nemui

nemuiの感想・評価

3.5
ガス自殺を図ろうとしていた見ず知らずの女の子を助けようと奮闘する冒頭のシーンが、主人公そのままの人柄をすでに物語っていた。
小森

小森の感想・評価

-
もはや哀愁
切なすぎる
>|