ライムライトの作品情報・感想・評価

「ライムライト」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「ライムライト」
原題「Limelight」
1953/2/22公開 アメリカ作品 2017-161
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング16位 再鑑賞

本作はチャップリンが長編映画で初めて素顔を出した作品で、同時にアメリカでの最後の作品となりました。また「世界の三大喜劇王」チャップリンとバスター・キートンによる初の共演作でもありますね。
言葉の魔術師でもあるチャップリンの名言集とも言える本作、生きることに絶望し、命を絶とうとした若きバレリーナに「生きる」ことの意味をチャップリン扮するカルヴェロが熱弁を振るって鼓舞する名場面は見る者を圧倒する迫力があります。
「人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。」この台詞はずっと心に残っています。
ストーリーはチャップリンらしいコミカルさは少し影を潜め、物悲しくシリアスに「命」をテーマにした物語が素晴らしい音楽と共に印象深く進んでいきます。
チャップリン作曲の主題歌はアカデミー作曲賞を受賞しました!

喜劇王チャールズ・チャップリンが最後にアメリカで製作した後期の代表作。1914年のロンドンを舞台に、かつての花形喜劇役者・カルベロ(チャップリン)と、リューマチで脚が動かなくなり自殺を図った若きバレリーナ・テリーの心の交流が描かれる。共演にバスター・キートン、クレア・ブルーム。チャップリンは製作、監督、原作、脚本、音楽、主演の1人6役を務めた。
ハル

ハルの感想・評価

4.0
「死と同じように避けられないものがある。それは生きることだ」

将来を悲観し自殺しようとした若きバレリーナを励ますべく、初老のコメディアンが吐く台詞である。

老齢に差し掛かり、すっかり落ちぶれたコメディアンは、酒浸りの日々を送っていた。死んだように生きていた彼にとって、彼女は一種の希望だったのではないか。事実、彼は彼女を励ましながら、自分自身を励ましているようにも見えるのである。 

劇中のバレリーナがそうだったように、この台詞に何度救われたか知れない。

生まれてきた以上、人間は生きていかなければならない。例えそこに希望を見出せずとも、瞬間瞬間が素晴らしければいいではないか。

チャップリンの言葉には人間への深い愛が込められている。
相手を思いやる気持ちが一番大切なんだなぁと
チャップリンは天才
年老いた道化師とうら若きバレリーナ。チャップリンの自己投影と自虐を感じた。
初チャップリンがこれというのは、少し見る順番をミスったかも。
ニレ

ニレの感想・評価

4.2
モノクロの世界だからこそ、その濃淡に奥行きを感じる。たった一夜の出来事のような、寂しさが詰まった展開。生き続けていくことに必要な、ほんの少しの勇気を与えてくれる作品。
jasukomarr

jasukomarrの感想・評価

3.8
台詞、俳優、構成、展開のすべてが美しかった。
しみる言葉ばっかでほんとにおへって感じ
今までずっとサイレントであれだけの表現をしてきたチャップリンだからそれでチャーリーを置いてきて初めてできる言葉の重みみたいな…沁みますね…
普段のチャーリーのチャップリンに比べてコミカルなとこ少ないけどのみのシーンとかすごいすき!やっぱりほんとにこの人天才
なんかいろいろ見てからまた見たらほんとに違いそうだなと思ってのでだからもっとほかのチャップリン見てからまた見たい!
あとキートンとチャップリンの子供がいてそうゆうのもおー!って感じ、
観るたびに美しい映画。心に染み込んでくる。
kid

kidの感想・評価

3.3
響くフレーズがたくさんありました
「人生は意味じゃない願望だ」
「脳は最高の玩具だ」
「群衆は頭脳のない怪物だ」
「人はみんな生きるのに必死さ」
「人生に必要なのは勇気と想像力。それに金がちょっぴりと」
「避けられないことは死と生きること」
「みんな素人さ。玄人になる前に人生が終わる。」
「嫌だな。みんな親切すぎる。孤独を感じる。」
「私は雑草だ。刈られても生えてくる」
「愛は不可解なもの」
チャップリンが老いぼれた芸人を演じるのがとても心にくる。
>|