ぶちゃ

ビバリウムのぶちゃのレビュー・感想・評価

ビバリウム(2019年製作の映画)
3.5
ひたすら腹立つだけの子役にイライラさせられる胸糞映画。
見た目も行動も全てが気持ち悪く、作品の意図もそこにあるので正解だと思う。
ここまで嫌悪感を抱く子役は「ゾンビ3」のマイコー以来だと思う。
厳密にはマイコーが子役かは置いておいて。

異次元空間の描写も、テクスチャの少ないゲームのようでありポップな色彩や好天な青空なども逆に不気味で良い。

でも、子役のインパクトとビジュアルとだけで中身は意外にも空っぽなのは勿体なく思う。