kaitomo

ビバリウムのkaitomoのレビュー・感想・評価

ビバリウム(2019年製作の映画)
2.5
無人の住宅街に閉じ込められ、異様な子どもを育てながら生活するはめになってしまったカップル。
謎を解き明かして脱出する!という感じてもなく、出口も光も全く見えない。
彼らはひたすら退屈し、うんざりしている。それを観る私も退屈し、うんざりしていた。
次元の狭間みたいなところを通るところとか、モノマネのシーンとかは、一瞬「おっ?」と思ったが、そこから展開していくわけでもない。一生懸命見ても大したオチがあるわけでもない。
短編映えしそうな作品ではあったが、面白くなかった。