アンダードッグ 前編の作品情報・感想・評価・動画配信

アンダードッグ 前編2020年製作の映画)

上映日:2020年11月27日

製作国:

上映時間:131分

4.0

あらすじ

「アンダードッグ 前編」に投稿された感想・評価

本作はABEMAの配信ドラマ(全8話)の劇場版。
監督は『全裸監督』総監督の武正晴。
ちょっとテレビドラマ的な劇伴の使い方や演出が多く好みがわかれるところ。
吃音のデリヘル店長役の二ノ宮隆太郎は『お嬢ちゃん』の監督であり、その主演女優が本作にも登場している萩原みのりというのが何とも不思議な感じがした。
前編だけで採点するのはちょっとむずかしいが、これから盛り上がることを期待しつつ後編へ。
Keengoo

Keengooの感想・評価

4.0
ロバート山本いいじゃん。
前編の芸人編が面白さのピークです。
後編に期待してはいけない。
泥臭いボクシング映画って面白い。
役者の演技に懸かってる気がするけど。
あぁ荒野を思い出した。
バニラ

バニラの感想・評価

3.9
タイトルマッチで敗れた過去をもつボクサー森山未來はリングに立ち続けていた。
アンダードッグかませ犬たちの物語、全てで熱量が半端なかった。
負けても闘う森山未來、デリバリーヘルスの運転手としても人生を見せる。
ロッキーバルボアのように負け犬が夢を掴むのかと思ってたら違ってた。
ボクシングにチャレンジする二世芸人の勝地涼が芸能界引退を懸けて試合に臨む姿も負け犬なりの意地だろう。
永遠に輝ける選手は一握り、負け犬だろうとも描く姿は立派なボクサーだった。
竹原のジムはいいとしても友近のお笑いスタジオはいらいよ、ジムの会長さんは理解者であって欲しいな。
ボクシング映画ではくくれない、人間の生きざまに人生の悲しみがあった。
若き悩めるボクサー北村匠海がストーリーの後半へとがぜん盛り上がる展開になりそう。
泣けた、間違いなしの高得点。
おこめ

おこめの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ゲボ泣きしちゃった、前後編の形式じゃないとできない光ゼロの徹底的に負け続ける結末が最高でした…

ひろしがマジでいい
気合いはいった
普通に暗いボクシングドラマ😅💦
試合のシーンのリアリティーの無さにちょっとイラッとしてしまいました‼️
後編を観るかは微妙な感じです❗️
キャストがそこそこ良いだけにすごく残念な作品だった😂💦
akubi

akubiの感想・評価

3.5
お笑い好きとしてはあんま好きになれない映画
百円の恋が面白かったので観てみました。
…比べてしまうのですが、あっちは世界観がフィクションの荒み具合だったので、展開やセリフに違和感そんなに覚えなかったのに対して、こちらは突き抜け感が無い分、登場人物のキャラのブレとか、意外性を狙ったような展開、セリフの臭さが気になってしまいました。俳優さんたちの演技は良かったし話の題材も興味深かったのですが、風呂敷広げ過ぎて不完全燃焼なような…最後の試合は置いてきぼりになってしまった…。個人的には前編エキシビションマッチがピークでした。ロバート山本も良かった(笑)
Shiho

Shihoの感想・評価

3.0
勝地涼いい味だしてた。
森山未來のこーゆー役いい。
北村匠海はイケボ。
>|

あなたにおすすめの記事