Tig

グッバイ、レーニン!のTigのレビュー・感想・評価

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)
4.0
ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。主人公は民主化デモに参加しているところを夫に西側に亡命されて以来、計画経済マンセー!の母親にみられ、母親はその場で心臓発作を起こして倒れてしまう。

8ヶ月後、奇跡的に目覚めるも既にベルリンの壁は崩壊…
また強いショックを受けたら命の保障はないと宣告された母親の為に懸命に東ドイツ健在を装う主人公の愛らしい事といったら。

歴史上非常に重要かつエポックメイキングな出来事を下敷きにいる本作、東ドイツが舞台=シュタージやコミンテルンといった冷たい雰囲気を連想してしまうのですが、本作は笑いあり涙ありの不思議な優しい雰囲気に包まれた作品です。

東ドイツ製品を買い集めたり、友人とカメラを回してニュースを作って放映するのがなんとも微笑ましい。

最後は自然と泣いてしまいました。