koss

逃げた女のkossのレビュー・感想・評価

逃げた女(2019年製作の映画)
4.0
ホン・サンスのミニマリズムの極北。初めて夫と離れて一人になった女が、男と離れて生きる女三人と対話する。夫婦、隣人、一度だけの男、先輩、旧友、先生。人と人の間主観性の探り合いがズキンと痛い。枯れ過ぎの或いは意地悪なホン・サンス。