s

逃げた女のsのレビュー・感想・評価

逃げた女(2019年製作の映画)
3.8
彼女が何から逃げてきたのかを考えながら帰ってきた。ら、よく見たらポスターにも書いてあった。見たあとからジワジワとこの映画のことを考える。情報量は少なくないのに語りすぎず想像の余白を残す作品、というか、人の心の内を知るのは当人だけであり、行動や会話や言葉を拾うことでしか引き出すことでしか知り得る手立てはなく、そもそも余計な詮索をしてしまうこと自体が多分僭越では、となると起きた事実だけを効果を付けず切り取って作られたものはどこまでも現実的だなと思う 
あえてだろうけどあのカメラワーク、ズームの仕方が妙に生々しく感じるところがドキュメンタリーを見てるような効果を生んでて興味深かったです。この映画について質問していいなら1番に聞きたい