村八分

逃げた女の村八分のレビュー・感想・評価

逃げた女(2019年製作の映画)
-
隣人と猫について揉めるシーンの居心地の悪さや、詩人の男との言い合いは生々しかった、生活や仕事の中でたまにで出くわすあの感じ。わかりあえなさ。
男性が皆背中を向けていることとか、彼女と知人達の会話の断片だとかに隠された意味みたいなものを探してしまうけど、そういうものでもないんだろうな。
観た後もちょっと引きずってしまう。