kurage

逃げた女のkurageのネタバレレビュー・内容・結末

逃げた女(2019年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

主人公ガミは、夫の出張中に友人たちに会いにいく。結婚して5年、初めて夫と離れたと皆に伝えるが反応はまちまち。
友人宅での会話は、脚本はある?と思うくらいリアル。
最後のミニシアターのシーンを通して、ガミが今どんな心境でどのような立場に縛られているのかということがシンプルに描かれていた。

この映画を観て、女ともだちの家に遊びに行きたくなった。現実でも、家にあげてもらうと招いた側の現在位置が感じられ、理解が深まることが多い。今何を大切にしているのか、それに目を耳を傾けるだけで相手に対する新しい発見が生まれる。もちろん自分にも。

『逃げた女』というタイトルはこの映画にとても合っている。ガミは夫の愛のポリシーを語り、言い訳にすることで、大切なものを放棄している。久しぶりに邦題に大きくうなづいた。