chidorian

逃げた女のchidorianのレビュー・感想・評価

逃げた女(2019年製作の映画)
3.8
ホン・サンスの作品は何本か観ているけれど、劇場で観るのはこれが初めてだったりする。
食事と会話をクールに淡々と、あの独特のズームやパンを使って撮影するスタイルは今作も変わらないけれど、内容は時代の流れに沿ってアップデートされているように感じた。
つまみ食いをするように観ているので、制作年順に観ていくと、変化がよりはっきりわかるのかもしれない。
途中に挿入される、猫の苦情を言いに来る男のシーン、面白かったけど唐突で不思議。男はずっと後ろから撮られていて顔が見えない。パンフレットに「猫の男(Cat man)」として載っていたので笑ってしまった。
この作家性の強さは、受け付けない人もいるだろうが、好きになると堪らないものがある。