ふくしんづけ

逃げた女のふくしんづけのレビュー・感想・評価

逃げた女(2019年製作の映画)
3.1
全編ほぼ、ワンシーンワンカットの長回しで構成される。
ひとつのシーンごとに、ズームインもしくはズームアップする箇所が必ずあるのだが、観ていてこれは余計だったように感じた。引きの構図、ロケーションは素晴らしいだけに勿体ない。これがあることで映画のその場面から距離をとることになってしまう。
後半になっていくと慣れるのだが、やはり作品の構成との噛み合わせは悪いように感じる。

筋立てらしい筋立てはない映画だが、核心を避けて進む人物たちの会話が、逆にある種の緊張感を産み、寒さと温みの混在するような映像の空気感に親和していた。
女性の映画らしい魅力。女優が絶妙な地味さでいい味だしてる。