WNT

逃げた女のWNTのレビュー・感想・評価

逃げた女(2019年製作の映画)
3.5
結婚後夫と5年間1日も離れず
ずっと過ごしてきたガミ

夫の出張を機に夫から離れて過ごし
先輩や旧友と会い相手を通して
さまざまな人生の在り方を考えていく

女性の難しい絶妙な会話がナチュラルに
再現されててあるある〜ってなった

女性同士の会話って繊細でひとつでも
言い回しや言葉選びを間違えると
相手に誤解されたり気まずくなるし
何気ない世間話や相手への共感は必須

世代の相まってどんな時でも
柔らかい雰囲気で互いに話しているものの
そこには優劣の様々な感情が絡み合う
平和的に見えて褒め言葉も嫌味やったり...

それに比べて対照的に描かれるのは男性
感情的でストレートな物言い
何を言われても冷静に対応する女性
男女で感情や言葉の投げ方が違いすぎる

皆それぞれ自分なりの第1.第2ステージを
進んでいて女性のいろんな選択肢、
生き方を覗き見ているようでよかった

誰が間違ってるとか何が正しいとかなくて
みんな違ってみんないい
自分が幸せやと思えるならそれが1番
否定の会話がほぼなくてそこがいい
普通に話しているように終始見えるけど
めちゃくちゃ頭使わないと
こんなに丸い話し方はできへんよな
そういう点でかなり考え込まれていて
素晴らしいと思った