恐縮

逃げた女の恐縮のレビュー・感想・評価

逃げた女(2019年製作の映画)
5.0
大好きで敬愛、崇拝させて頂いている韓国の巨匠ホン・サンス監督とキム・ミニの作品。
不思議な程惹き込まれる何かがあり、それを欲することすら普遍となってしまう。
それくらい魅力的な作品。
(まぁ彼等の作品はいつもそうだが)

「逃げた女」。何から?誰から?何処から?
題名から考えを固めるのは好ましくないが冒頭から中盤まで私はそう感じずにはいられなかった。
ガミは満たされているようだった。溌剌とした笑顔、好きな人と会い、再開し自ずと弾みゆく会話。想定していた以上に綺麗で美しく耽美を含んだ羨ましい世界に彼女は生きる。

多くは語れない。
彼女の顔に闇を見ても。彼女の深淵に手を伸ばしてみても、理解など到底できないから。

生活、会話、音、鶏
世界は決して綺麗じゃない。
でも彼女が闇を持っても生きるなら
私はそれが心地いい