Ryohei

のぼる小寺さんのRyoheiのレビュー・感想・評価

のぼる小寺さん(2020年製作の映画)
4.6
《あなたは今、何かを頑張っていますか?》

この映画を見て私はこう思いました。
世の中には2種類のタイプの人間がいる。
・頑張っている人
・頑張っている人を馬鹿にする人

この映画は、頑張ってる人の姿がカッコ良く見える映画だ。
今何かを頑張っている人でそれが結果を伴わなくても励まされる映画であり、
頑張っている人を小馬鹿にしていた人は、何か目標を持って頑張る人に変われるチャンスである映画でもある。

ということで、
Filmarksさん限定オンライン試写会にて、
一足早く鑑賞させてもらいました。

ボルダリング部に所属する小寺さんの姿に感化され、周りの人間の心が動かされる青春ストーリー。

学校内の群像劇ということで、
私の一本でもある『桐島、部活やめるってよ』
に通ずる部分もありました。

私事ではございますが、
高校時代に付き合っていた彼女も小寺さん同様、不思議ちゃんでボルダリングをしていたという
この映画と同じような設定だったので青春時代をよく思い返しながら鑑賞していました。
そしてこの映画は青春ならではの描写がよく描けていたと思います。

内容については控えめのレビューとしますが
文化祭のシーンはメタが詰まっていて
個人的この映画のハイライトでした。

そしてやはりこの映画の見所を紹介するならば
本作品にて映画初主演を飾った工藤遥さん。
本作の撮影のため数ヶ月間実際にボルダリングを練習し、
ボルダリングシーンではカット無し本番さながらのボルダリングを挑んだそう。
時折見せる斜め上目遣いは反則でしょう。
今後も注目したい女優さんです!