くう

水を抱く女のくうのレビュー・感想・評価

水を抱く女(2020年製作の映画)
3.1
オンライン試写。

結果、このウンディーネの「夫」はあっちだったの?

情念強すぎる人たちの現代版御伽噺。太古の神々は大抵恋が大好きで自分勝手で恐ろしい。

水と陸の分断と、ドイツの分断の歴史を絡めて語られるのが面白い。「流れには乗るが元に戻る」