花俟良王

グリード ファストファッション帝国の真実の花俟良王のレビュー・感想・評価

4.0
ウィンターボトムのドライかつ迷いのない手捌きで、神話的にすら描く強欲(グリード)と格差の悪循環。

笑えるが背筋も凍る、辛辣な社会派映画。見応え大いにあり。