まるまる

ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンドのまるまるのレビュー・感想・評価

3.7
ボブ・マーリーの、出生から臨終までをまとめたドキュメンタリー。
ボブマーリ―、レゲエ、ジャマイカ、アフリカが、カリスマが、少し見えた気になった映画でした。

僕がボブマーリ―の名を知ったのは、かなり昔の狩撫麻礼 たなか亜希夫のマンガ「迷走王ボーダー」がキッカケでした。
この漫画は、田嶋陽子が見たら、男根主義のお伽噺の一言で、たちどころに焚書されてしまうであろう内容ですが、僕はえらいハマってました。
で、ネトフリでこの映画を見つけて鑑賞。
よかったです。


ついでに、蘇る「ボーダー」の世界w
Get up stand up♪
Stand up for your rights
Get up Stand up
Don't give up the fight♪
「俺がボブ・マーリーから受け取ったバトンを
 今夜、誰かに渡したぞ
 さあ、次はおまえだ!! 」
この映画を観て、やっと僕の中で「迷走王ボーダー」は完結しました。

懐かしさのあまり、調べた色々。

高瀬大介の思い出のプラグインは刹那い記憶
「迷走王ボーダー」という漫画を知ってますか?
http://blog.livedoor.jp/takasedaisuke/archives/50554858.html

シミルボン
「縁の力」稀本を招く『戦後の詩―<現代>はどう表現されたか』
https://shimirubon.jp/columns/1673269
※マジカル古本屋ワールドw
 ほんと存在を疑うくらい、この本はどこにもなかった。
 読んでみたい…

ラスタファリ運動
https://ja.wikipedia.org/wiki/ラスタファリ運動


これが事実だというんだから、スゴイもの見せてもらいました。
ラスタマン!ラスタマン!ラスタマン!
これが文字も何もない時代の出来事だったら、間違いなくボブマーリ―はナントカの神として、時代を越えて記憶されるんだろうなぁ。


突然ですが、
中島みゆきは日本のボブマーリーだ!間違いない。ニヤリ
人によっては「ププーw」と後ろ指さして笑うでしょうが、
今の僕には、ボブ・マーリー魂と、迷走王ボーダー魂とがあふれているので、寧ろそれは心地よい風のようなものであるのかも知れないような気がしないでもないのであった;^^)/

エクソダス♪
神よ、ジャーの民が動き出す♪