みしゅ

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46のみしゅのネタバレレビュー・内容・結末

4.0

このレビューはネタバレを含みます

平手友梨奈も最初はキャピキャピした女の子だったんよな。

でも、欅坂の楽曲の世界観やハードスケジュールやら言い方は悪いが商品「平手友梨奈」として扱われてたとかで闇落ちしてしまった。多感な思春期の時代に開けてはいけない扉を開いてしまって

そして、それが良くも悪くも「欅坂46」というもののイメージになってしまった。

最後の東京ドーム公演の時の目付き、えぐかったもんな。

アイドルグループのセンターにおんぶに抱っこは、そのアイドルグループの色彩は豊かに出来るけど、センターポジションを任されてる子の負担は我々素人が考えてる以上の責務なんだと思う。

そして更にそれ+外野からの厳しい声にも耐えないといけないなんて

「みんなは今欅坂をやっていて楽しいですか?」
これを問うた平手友梨奈の気持ちたるや。

でも、名前は変わってしまうけれども
欅坂46の第2章にも期待したい。

運営にもインタビューしろよとは思ったけど。
一番の悪は、運営と秋元康だろ。

秋元康、センターなんか使い捨てと思ってそうで怖い。