なぽり

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46のなぽりのネタバレレビュー・内容・結末

4.5

このレビューはネタバレを含みます

本日レイトショーで鑑賞

主軸はもちろんてち
てちが体調を崩し出した不協和音あたりから、てちのポジションに他のメンバーが立つことになる
その事に対してほとんどのメンバーが消極的で自信の無さが爆発する
てちの表現力はファンから見ても圧倒的で
それをメンバーが感じないわけがないけど
そのプレッシャーを今まで最年少のてちが引き受けてきた事をもっとよく感じて欲しかったと思う
そのグループの中で頭一つ抜けてたのが
今泉、小林、菅井、りさ、あたりだったのかな
映画ではデビューから最近のリモートライブまでを現在のメンバーのコメントとともに振り返る内容になっている
当時の映像からはメンバー1人1人の不安定さと葛藤がひしひしと伝わってきて
映画が終わった後は、誰1人喋らずゲッソリして出て行ってたし私もそうだった笑
ちょいちょいはしょられている部分はあったけど良い作品だった
もう1回見ようとはならないけど..ゲッソリするから..

最後に
黒い羊の撮影終わりにメンバーがてちに駆け寄る中1人棒立ちで見つめてた我が推しの鈴本美愉ちゃんが印象的だった
映画ではてちがフォーカスされてるけど
今まで辛かっただろうな
モンビバレント最高だったよ
これからも活躍してくれることを祈ってます