ゆっけ

空白のゆっけのレビュー・感想・評価

空白(2021年製作の映画)
-
今年ベスト決定。

『新聞記者』『宮本から君へ』『ヤクザと家族 The Family』などのスターサンズが、『ヒメアノ〜ル』『愛しのアイリーン』の吉田恵輔監督とタッグ。

吉田恵輔監督の映画は全部観ていますが、今までの最高傑作でした。今年は『BLUE/ブルー』が最高だったのに、まさかこれを超えてくるとは…

目の前のちょっとしたミスを非難したり、日々ニュースに流れる出来事に対して苛立ちを感じてSNSで非難する人たち。

そんな「不寛容」な社会の中で生きづらいと思う人に観てほしいし、SNSで誹謗中傷して満足しているすべての人に観て欲しい映画。

万引きがみつかり、逃走した先に車に轢かれて亡くなった少女。
その少女を執拗に追いかけたことで世間に非難されるスーパーの店長。
娘を失った悲しみから娘の死に関わったすべての人を追い詰めていく父親。

別れた娘の母親や、娘の学校の担任、娘をはねたドライバーとその母親、漁師である父親のもとで働く弟子、スーパーで働く店員。

少女の死をきっかけにそれぞれの人たちの想いがぶつかりあい、そして交わっていく。

誠心誠意心をこめて伝えれば、きっと伝わる。

娘と向き合ってこなかった空白の時間。戻せない現実。
どうやって折り合いをつけていくか。何に対しても気に食わない感じで怒りを見せていた父親が、元妻に向けて言うセリフや、娘を理解するためにする行動に涙しました。

今までやってきたことが、無になるわけではなくて、関わった誰かにそれがつながっていき、社会はできているんだって、人と人との関係性を感じられる素晴らしい映画でした。