そくらてす

空白のそくらてすのレビュー・感想・評価

空白(2021年製作の映画)
4.0
古田新太があの「父親映画」の大傑作『プリズナーズ』のヒュー・ジャックマンばりのシリアスな背徳行為にいつ身を投じるかとソワソワしてたら、年末に"空白"をつくったガキ使の代わりに映画館の中で『笑ってはいけない~』をキメる吉田恵輔の粋な計らいに感動し、かと思えばチャンス大城がしれっと出てきたのでそれが『ドキュメンタル』であることを知る。謝っても死人は帰ってこない、自ら命を絶つことは正しくない、死ぬならひとりで死ね… …といった具合の「死」に関するエゴのオンパレード。 途切れた文脈を途切れたままに解釈し行動するとどのような結末に落としこまれるか、そのような意味では娘を失った父親もマスコミもやってることはさほど変わらないのでは。職場やめる人の送別会を開こうと決起した寺島しのぶがいざその場を設けるや否や「私お肉食べれないの」とみんなのテンション下げること言うくだりが性癖に刺さる、でもその「図々しさ」が「頼もしさ」へと反転する瞬間の訪れも期待してしまう。大型トラックが急には止まれない、という事実は自分もバイト先までの道のりを歩くなか至近距離で心得てるし、ぶっちゃけ事故のシークエンスだけでも百回は観返せる。もう終わりかな、と勘ぐってから暫くは展開が続くけれども、そこにはフィクションのちからで彼らにしてやれるだけのことを絞り出しながら詰め込んだような切実さがあって少し泣きたくなった。