くう

空白のくうのレビュー・感想・評価

空白(2021年製作の映画)
4.0
古田新太が凄いことは元から知ってる。それを再認識する映画。

パワハラ、モラハラ親が大切な物を喪失してから、その空白を追う話。

登場人物全員、気持ちを分かりたくない。でも分かる。誰も悪くないと言えないのがつらい。

今、目の前にあるものを大切に生きなくてはと思い知らされる。失ってから怒ろうが怒鳴ろうが、もう遅いのだ。


「本当にやったのか(物の映像だけでは確定できないし)」「奥に入ってから実は……」「本当に法定速度だったのか」「本当に……

と、作品の中に多くの空白をはらんでいる。たくさんの悲しみと悔しさと怒りはあるが、明確なこともある。

人を救うのは人なのだな、ということ。

名優ぞろいだが、作品中のキャラと共に藤原季節に拍手を送りたい。