a

青くて痛くて脆いのaのレビュー・感想・評価

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)
3.8
私この映画わかんないって言いたくないな。
だって誰しも人から愛されたいものだし。

楓は、バカだと思うよ、勝手に1人になって、勝手に分かった気になって、勝手に傷ついてる。
青い痛すぎる、でもそんな青二才を誰もが通ってきたんじゃないかなって思ったりした。

嫉妬しなかったり、自己卑下しなかったりする、余裕のある人になりたいと懸命に願うんだけど、自分の根本にあるものがやっぱり脆いと人を傷つけてからじゃないと気がつかなくて。
傷ついて傷つけられて、その時には分からなかったことが、今見て分かることってたくさんある。

私も人に愛されたい人間だったから、楓が秋好に裏切られたような気持ちになった理由めちゃくちゃ分かった。
でもこの年になって思うよ、人から愛を求めるより愛してる方がよっぽど幸せで、よっぽど楽で、よっぽどいいよ。

「青くて痛くて脆い」ってすごい題名。
合いすぎだ。
住野よるさん、今まで正直好きじゃなかったんですけど、この映画は良かった。
楓だけじゃなく、董介もぽんちゃんも、なんならテンも秋好もめちゃくちゃ脆いじゃん。
でも、秋好がモアイを解散したのは、めちゃくちゃ愛だなぁと思った。

杉咲花ちゃん、岡山天音くん、めちゃくちゃいい役者さんだ〜ってずっと思っていた。
花ちゃん、どんどん素敵な女優さんになる。

私はラストがしっくり来たわけではなかったけど、なりたかった自分になるってことの難しさはめちゃくちゃ考えた。
私はなりたい自分になりたい。簡単じゃないけど。
楓のなりたかった自分は、引き寄せたかった未来は、あまりにも明るくて素敵で、私は涙が止まりませんでした。

ちなみに私のなりたい自分に近いのは、「嘘をつかないこと」と「出来るだけ約束を守る」ってこと。
ちゃんと「青くて痛くて脆い」見たよ✌︎笑
薦めてくれて、ありがとう。