イマシゲ

青くて痛くて脆いのイマシゲのレビュー・感想・評価

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)
3.4
吉沢亮の顔の良さと陰のオーラの美しさで画面が華やかだった。どれだけ寄っても毛穴がないので恐怖すら感じた。杉咲花の思想というか空気の読めなさがもう怖くて現実にいたら絶対関わりたくないなと思った。岡山天音と清水尋也のキャラが良かった。しかし、私にはストーリーというかキャラの感情が分からないところがあったので、理解出来るようになりたいし今度小説を買おうと思う。