青くて痛くて脆いの作品情報・感想・評価

青くて痛くて脆い2020年製作の映画)

上映日:2020年08月28日

製作国:

上映時間:118分

3.4

あらすじ

「青くて痛くて脆い」に投稿された感想・評価

ジョー

ジョーの感想・評価

3.7
こんな思い、自分だけ?


思いには2種類あると思う。
言葉にしなければ伝わらない類のものと、
言葉にしなくても伝わるもの。

それは”どんな思いか”ではなくて、その思いを受取る人が”誰か”による所が大きい。
そして、その”誰か”というのは、”どんな人間か”ではなくて、「自分とはどういう関係の人か」だと思う。

それでも難しいのは、自分と良好で深い関係だと思っていたのに、相手からすればその場しのぎの関係だったりすること。

それを見誤ると、青くて痛い人間になってしまう。
大学生同士の関係は脆い。
摩擦に耐えられるかどうか、耐えた人間だけがなりたい自分になれるように出来ている。
Rei

Reiの感想・評価

-
友達と見に行った!
吉沢かっこよかったなー
緑茶

緑茶の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

寿乃を奪ったサークルを潰せ!

青臭い痛さ:9割 脆さ:1割
終始イタすぎて恥ずかしかった笑 吉沢くんの走り方も素晴らしくイタい😂
どこがサスペンスなんだろうって思ったけど、結局自分の思い通りにならなかったから復讐したというシンプルな復讐劇だった。

一人を好むけど、相手からぐいぐい来られ必要とされると気になっちゃうというジレンマ。でもこの物語の一連の流れは、端から見たらただのストーカー。。
変わってしまったのは楓で、寿乃は良くも悪くも大人に成長しただけ.。どっちもどっちだけど。
柄本さん演じる大学院生の印象が、最初と最後でまったく違って見えるのが良い。
あの先生の下りは何かの伏線かなって思ったけど、結局ただの気持ち悪いおじさんだっただけでガッカリ笑

言い方悪いけど、全体を通してみるとモアイの勧誘映画を見ているようで肝心の映画のメッセージに気が回らなかった;。
面白かったのかどうかよくわからない映画だった。。
あ

あの感想・評価

4.0
記録用
青くて痛くて脆かった…
近年まれに見る気持ち悪い映画だった。登場人物みんなエゴで気持ち悪い。陽キャに憧れ憎む陰キャたるや…
意外と展開読めなくて面白かった。
吉沢亮は本当に素晴らしいな…そして杉咲花は見れば見るほど苦手になるな。
気持ち悪ッ!
chihon

chihonの感想・評価

3.0
みんなに慕われる人は、自分が待つばかりでなく自分で動いている。
嫉妬による歪んだ心、もっと素直になりたかったけどなれなかった自分。
なんとなく分かります。
9952310

9952310の感想・評価

-
考えさせられる
ユウノ

ユウノの感想・評価

2.6
こんな吉沢亮はいやだ
Moon

Moonの感想・評価

3.4
思ってたのと違かったけど面白かったかも。
死んだの意味があーそうゆうことねってなった、吉沢亮の顔きれいすぎ!!!
真宵

真宵の感想・評価

3.9
原作読まずにとっておいて良かった〜!
わたしも暇で役立たずな大学生してるので、入り込みやすかった部分はある。あとは単純にこういうジャンルの映画が好みだった。
楓の鬱屈した様子やジリジリとした怒りを強調するような独特な編集も、わたしには合っていた。
「人はみんな誰かを間に合わせで使いながら生きている(ニュアンス)」という台詞がめちゃくちゃ刺さる。

それにしてもレイトショー、安いわ人いないわで最高じゃん〜となった、通う
>|