街の灯の作品情報・感想・評価

「街の灯」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.2
ゲラゲラと笑っているハズなのに、なぜか、少しずつ悲しくなってくる。世間のはみ出し者たるチャーリーが、自分をよく見せようとしたり、お金は自分だって欲しいんだという素振りをありのままに見せるからで、それは『道』や『カビリアの夜』におけるややオーバーアクション気味のジュリエッタ・マシーナのことを思い出させたからだろうか(もちろん、影響関係は逆)。
結末わかってから見るとヒロイン出てきてからとにかく放浪紳士との関係がいたたまれなくて直視し難い。

でも未だに語り継がれるラストシーンはやはり哀愁に満ち溢れててジンとくる。

しかしこの映画、最初見たときでもラストどうなるか知ってたから、ラスト知らない状態で見たらどれだけ感動したかっていうのは気になる。

あと今見ると街を歩くエキストラとか中々に凝ってて、ここからもチャップリンの凝り性が窺えるのが面白い。
ys

ysの感想・評価

5.0
笑えて泣ける。
チャップリンをもっと観たいと思わせてくれた映画。
miriam

miriamの感想・評価

4.0
音楽素敵
Toku

Tokuの感想・評価

4.2
気になった音楽
Overture/Charlie Chaplin
クロ

クロの感想・評価

4.2
★★★★
愛がすごい
Arika

Arikaの感想・評価

4.3
#街の灯

人生初チャップリン❗️

「盲目の花売り娘と
チャップリンとの恋物語 」

と簡単に言えば
そんな内容ですが

一筋縄では行かない❗️
だからこんなに愛されたのか…
しかもオープニングから面白いw

こんなに面白いとは❗️
萩本欽一さんが
尊敬してたのがよーく分かる動き❗️w

ボクシングのシーンなんか
笑い過ぎて涙が…🤣
セリフがほとんどないのに
凄いと思いました❗️

笑いから感動へ持っていく所なんて
まるで、さだまさしさんの唄ではないか❗️

チャップリンは監督と俳優を
同時にするだけあって
一瞬一瞬の動きや表情に
とても拘ってたそうです

笑いに真面目ってすごく大事で
真面目にふざけるのも
私は大好きです
消して悪ふざけではなくて
愛のある笑いというのが
この作品から伝わってきました

そして全て観終わった後
再びタイトルの意味を考えると
じんわり灯る灯火が
余韻となって
胸に揺れるのです

#もっと他の作品も観てみたい❗️
次は#ライムライト か
#独裁者 かなー?
初チャップリン映画
オモロイしめっさ良かったけどテーマ残酷過ぎて最後も残酷過ぎて普通に許せない笑皮肉込め過ぎぃぃいいいあの女調子乗り過ぎぃいいいい頼む目を覚ましたと言ってくれえええええ
>|