街の灯の作品情報・感想・評価

「街の灯」に投稿された感想・評価

Tomo

Tomoの感想・評価

4.2
チャップリン映画初鑑賞かつサイレント映画初鑑賞でした。
声がなくてもまったく問題なくのめり込めました。声がない前提で作られたためか、分かりやすいオーバーなリアクションがなんとも可愛く素敵でした。パーティーシーンなんかは主役級の人に限らずすべての人がアニメーションのような動きで自然と笑顔になります笑 どの場面を切り取っても楽しい映画です。
映画に当てられた音楽やSEなんかもいちいち可愛くお洒落でした。
雨に唄えばでサイレントからトーキーに移る時代を扱っていましたが、実際にみて初めてサイレントだからこその良さがあると知りました。この映画もすでにトーキーに遷移した時代にあえてサイレントで作られた映画らしいですよ。

肝心のストーリーですが、盲目の女の子の治療費を稼ぐために奮闘するチャップリン。途中のボクシングの無限ゴングのシーンに笑いましたw
とても健気で、自分を犠牲にしてでもその子を救おうとする行いがとても素敵でした。そして最後のシーンは受け取り手に委ねられているように感じましたが、私は少し悲しい想像をしてしまいました。また見返すと捉え方が変わるかもしれません。
uz

uzの感想・評価

4.1
チャップリンを知った
taka

takaの感想・評価

4.5
初チャップリン!
どの場面も印象的で素敵。でもラストシーンが一番かな…
チャップリンの作品の中では間違いなく傑作の部類だと思う。
捉え方によって残酷にも感動的にも解釈できるラスト。最後のチャップリンの笑みが忘れられない。
かんこ

かんこの感想・評価

3.6
なんかチャップリン観とかないと足元見られる…って過大妄想して観た。

普通に良くて驚いた。
iコ

iコの感想・評価

3.3
チャップリン映画は初めて!
セリフを発しなくてもここまで伝えられる作品が作れるだなぁ
チャップリンがいい人すぎます…
smthr

smthrの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この世で一番好きな映画。

チャップリンらしくユーモアたっぷりながらも、他の作品に比べて、テーマはとてもロマンチック。

しかし最後まで美しいままでは終わらない……
人間、というものをとことん描いた、なんともいえない余韻の残る物語。
マサヤ

マサヤの感想・評価

5.0
人々から蔑まれ生きている浮浪者の男は、都会の冷たい街で唯一見つけた美しい花売りの娘に一目惚れをする。盲目の彼女のために手術費を手に入れようと彼は街をさまよい歩く。ラストシーン、本当に少ない台詞にボロ泣きする。やはり、善意は報われるんだなと思った。
>|